東京ゲルニカ

印刷

梗 概

東京ゲルニカ

火災報知器がずっと鳴っている。
左足のニューバランスの中に何かが入ったが取り出す暇はない。ジリリリというベルの合間に、たしかに赤ん坊の声が聞こえる。カオリがぼくの手を引く。コルビジェが作ったピロティ構造の建物は急速にその形を崩していった。連絡通路を走るぼくらふたりは振り返らなかった。轟音と煙が迫る。連絡通路が大きく揺れて新館のガラス戸を粉々にする。エントランスホールから見た戦車の列が意味していたものがやっとわかった。砲撃は続いている。新館の白くて高い天井が、砲撃のたびに振動してなにかを床に落とす。円形の照明が割れて落ちてくる。壁にかかっていた巨大な額縁が音をたてて倒れた。ここも危ない、とぼくは言った。でも赤ん坊の泣き声がするんだもん、とカオリはぼくに言う。それに外に出たってどうしようもないでしょ?戦車に轢かれたひとたちや、パンフレットと一緒に燃やされているお年寄りの死体を見た?ブクロのサイゼリアで撃たれて死んでた文学部のヨシダくんは?大学のモリス館で死んだゼミのみんなは?砲撃はやまない。カオリの唇が震えている。吹き抜けを落下する無数の火花。白い埃が床から浮き上がる。すべてがこの3時間で失われた。ゼミやサークルや学生食堂やエナジードリンクや、YouTubeやFREEWiFiやグループLINEや、埼京線や東口のパルコやラーメン大や、深夜番組やインスタグラムや、その他大学生であるぼくらを構成するすべてが、いかにどうしようもないものだったのかをぼくらは思い知る。たしかなものなどなにひとつない。池袋駅であった警官はクーデターだと言って、ヨシダはテロだと言って、本郷で会った自衛官は今日のための「メッセージ」があらゆる美術品や建築物に含まれていたと言っていたが、もうこの事態の原因なんてどうでもよかった。なにかひとつだけ、たしかなものがほしかった。どうせ死ぬなら、それを抱いて死にたい。そのとき、吹き抜けの下を見たぼくはそのときそれを見つけた。カオリの手を引いてらせん状の通路を下る。スプリンクラーの水が溜まって巨大な池のようになった1階には、背を向けて倒れた人々が折り重なっている。血で汚れた作品解説板、ジージーと不快なノイズを立てる音声ガイドの機械の中にそれはいた。紺のベビーカーの中に小さな両手を握り、ぎごちなく動く命。ほんとうにいた、とぼくは言った。カオリは赤ん坊を抱き上げる。砲撃はやまない。ぼくは正面の壁を見つめ、そしてそこに巨大な、ほんとうに巨大な絵画が、火花と煙の中に悠然と掲げられているのを目にした。灰色の人々の絶叫。赤ん坊や家畜の死。80年以上前の破壊。圧縮されたその普遍性を前に、ぼくは自分が求めていたものの不吉な答えを知ってしまった。

「赤ちゃん、ほんとうは殺そうと思ってたの」
そう言ってカオリは笑った。

東京にゲルニカがやってきた。たったひとつの、たしかなものとともに。

文字数:1200

内容に関するアピール

『ゲルニカ』パブロ・ピカソ (1937年)

東京をきちんと破壊したい、と思いゲルニカを選びました。
池袋にある私立大学でのスクール・シューティングを始点に、無差別攻撃が始まった都内、そして戦車による砲撃が行われる、「ゲルニカ来日」が謳われたパブロ・ピカソ特別展が開かれている上野の国立西洋美術館までの、大学生たちの逃避劇です。主人公の目線で、今進行する破壊そのものを描写してみたいと思っています。

戦争が天災などと異なるのは、急速に、今まで当然のようにあった価値観が反転することだと考えています。
何もわからない中で進む、物理的なもの以外の「破壊」の恐怖も表現してみたいと考えています。

 

文字数:288

課題提出者一覧