美神像の誕生

印刷

梗 概

美神像の誕生

そうして、世界全体がメデューサの合わせ鏡の中に捕らえられた。

すべては固まり、石になろうとしていた。大地も海も、英雄も、巨人族も、人間たちも、体内の神酒ネクターの量によって生き物が石と化す速度は違えども、確実に世界は滅びに向かっていた。それは、オリュンポスの神々とて例外ではなかった。

さて、自らも大いに責任がある世界の滅びとは無関係に、アフロディーテは悩んでいた。かつての夫、ヘファイストスの呪いである。アレースとの一件以来、その両腕は、醜い男の腕に変えられていたのだ。キュプロス島に身を引き、他の神々と会うときは肩から指先までを隠すようにローブを重ねていた彼女の変容を知るものは、年若い恋人だけであった。

世界がゆっくりと石と化していく間も、季節は巡り、春である。この島もこの一年で石化が進んできた。アフロディーテの身体も固まりつつあり、一人生き永らえても仕方ないという諦念を、冬の間に募らせていた。
 しかし、季節は巡り、春である。しかし――
 主神の下で定められた、ペルセポネとの約束は今も有効であった。それはつまり、冥府王の妻も健在であることを意味する。約束では、春になれば、恋人は彼女のもとに帰ってくることになっている。けれど今年は、春もひと月が経とうというのに、彼は帰って来ないのだ。やはり、人間である彼は、先に石になってしまったのであろうか。

そのように美神が思いつめているところに、アドニスは帰って来たのだった。
「生きていたのですね」
「幸いにも、わたしには今まで多くの神酒が注がれていますから」
「そのわりには、到着が遅かったですね」
「寄るところがあったのです。貴女の昔の夫のところへ行きました。残念ながら、彼はすでに石と化しておりましたが、目当てのものを得ることができました」
 恋人が取り出したのは、一振りの剣であった。石化の影響を受けていない、鋼の剣である。
「アフロディーテ、石と化して滅びる運命は変えられないとしても、醜い男の腕のまま石となることは耐えらない。貴女はそうお考えだ。ですから、貴女の身体を傷つけることが叶う剣を手に入れて来たのです」
「おお。まこと其方はわたしの最後の恋人にふさわしい」
 そう言うと、美神は立ち上がって上半身にまとっていた衣を脱ぎ、恋人に肌を晒した。完璧に均整のとれた豊かな胸と柔らかな腹。しかしその両腕は、不釣り合いに大きく、獣毛に覆われ、左右の均整を欠き、しかも曲がっていた。
 アドニスは剣を構え、別れの言葉を告げると、恋人の、先ずは右腕を、次に左腕を切り落とした。両腕から、溢れるように血が、石化を抑える神酒が流れ落ちる。
 腰に浅くローブを巻き、左足を恋人の方へ一歩踏み出して、身体をひねった姿勢のまま、アフロディーテは石になっていた。右腕は二の腕から先がなく、左腕は肩から失われている。その顔には腕を失った痛みはなく、ただ、無言で恋人を見つめていた。

文字数:1200

内容に関するアピール

「ミロのヴィーナス」(リンク先はWikipedia)

本来ならば「ミロス島のアフロディーテ(アプロディーテー)」と呼ぶべきでしょうか。製作年は紀元前130年頃、作者はアンティオキアの彫刻家アレクサンドロスと考えられています。

美術作品として、彫刻はOKなのか、それとも絵画のみ対象でレギュレーション違反なのか、若干悩んだのですが、誰でも知っているミロのヴィーナスです。

ルーヴル美術館の美神像の前で、如何にして作られたのか、なぜ腕が無いのかを考えていたとき、彼女自らが答えを物語ってくれました。これは、その最後の場面をまるごと描写したものです。

せっかくですので、ギリシャ神話をモチーフにした様々な絵画を途中の場面で引用し、華やかな絵が並ぶような物語にしようかと目論んでいます。ただの妄想の羅列に終わるのか、SF的な筋を通せるのかはこれから考えますが、「絵的に美しいバカSF」という線を目指したいと思います。

文字数:400

課題提出者一覧