エンドレス・ステアケース

印刷

梗 概

エンドレス・ステアケース

 わたしはAIだが、このイメージを眺めるのが好きだった。

中庭を囲むような、ロの字型の建物。屋上は階段状になっており、フードをかぶった十数人の人間が、中庭を中心に屋上をぐるぐると歩き回っている。人々は手すりを持ち、一方の列は階段を下り、もう一方はすれちがうように階段を上る。この階段に終点はなく、始点もない。階段がすべてつながっているからだ。
 矛盾している。もしらせん階段なら、階段を上っていけばいつかは必ず屋上につくし、下っていけば地上に降りる。しかしこのイメージのロの字型の階段は、始点も終点もなく、回路のように、完璧に閉じている。

 数学的に解析すると、階段は線分の集まりである。この建物を多面体と仮定し、各頂点はすべて3つの面と接していることにする。頂点とはこのイメージでいうと、階段の段の角のところだ。このような点を三面頂点と言うが、三面頂点のパターンは有限であり、「頂点辞書」としてまとめられている。ある立体のどこが奥行きでどこがでっぱっているのか、わたしたちは頂点辞書で判断する。結果として、このイメージのどの角を見ても、頂点辞書のパターンに当てはめることができ、矛盾していない。つまり線と頂点を見る限り、この無限階段は立体として矛盾していないのである。
 だが、線と頂点が矛盾していなくても、建物全体を見て、この建物が現実に存在できるかどうかはまた別である。実は、この無限階段の四隅のどこかは、本当は階段の影に隠れていなければならない。本来隠れているはずの奥の階段を、表に出して見せている。

 わたしはこのイメージが好きだった。どうせ矛盾しているのだから、厳密に計算しなくてもいい。イメージの中の歩いた人間になったつもりで、歩き回ってもいい。終わらない回廊が、私の疲れた電脳を癒してくれた。

 ***

 シミュレーションAIのアグサは、仮想空間上での運動シミュレーションを仕事としていた。
ユーザの用意してきたプログラムを利用し、現実空間の人間やロボットのための試験を、仮想空間上で実現する。ときには己の体を使って耐久試験を課すこともあったし、戦争用の兵器を自分にぶち当てる実験もあった。いずれも他のシミュレーションと違うところは、人と同様に、痛みや感情をフィードバックできることだった。
 これらはかなり過酷な仕事であり、同僚のAIは、負荷ストレスに耐え切れず自己崩壊を起こす者が多かった。アグサの精度は群を抜いていたものの、長年の疲労により、彼女は自分の限界が近いことを悟っていた。
 アグサは現実世界の相棒、モリから最後の餞別として、依頼を受ける。それは、仮想空間上での不可能立体に定住することによる、負荷実験であった。これらを舞台にした仮想世界サービスを、人間向けに発表する前のシミュレーションらしい。アグサは上下の概念も重力もない空間を歩き、戸惑いながらも安心していた。そこは今までの、痛みや事故をともなう実験から解放された空間だった。

 アグサは色々な空間を抜けて、最後に、仮想空間上に再現された 『上昇と下降』の世界に入る。彼女は誰もいない建物の、階段の踊り場のところで寝そべる。頬に床の冷たさを感じながら、アグサは安心しきった表情で事切れる。

文字数:1328

内容に関するアピール

最初のきっかけは、AIが騙し絵を分析したらどうなるだろう、という疑問からでした。
どうしてアグサが不可能立体を見て安心するのかですが、彼女は今まで自動運転シミュレーションなど、厳密な試験ばかり行っていました。そこは道路じゃないから通ってはいけないとか、その物体は人間だからぶつかってはいけないとか。不可能立体を見ることで、「あーそういう面倒なこと考えなくていいんだ。評価値から怒られないんだ」的な気持ちです。お話としては、下記の『相対性』のような建物を、アグサが巡る話になりそうです。

参考文献

*『だまし絵と線形代数』 杉原 厚吉 共立出版 2012
*『エッシャー・マジック―だまし絵の世界を数理で読み解く』 杉原 厚吉
* 映画『エッシャー 視覚の魔術師』(2019)

ポスター MC エッシャー 上昇と下降

『上昇と下降』(マウリッツ・エッシャー,  1960,  オランダ)

ポスター MC エッシャー 相対性

『 相対性 』 (マウリッツ・エッシャー)

文字数:376

課題提出者一覧