畑の肉

印刷

梗 概

畑の肉

ある星。クルの実をあつめる広大な畑に働く数百人の彼らは、分裂してふえる生物種である。はじめの母体にいろいろ教えこんで増殖させれば、その記憶をもったまま増えるのでそのあと仕込む手間はいらない。会話できる知能をもち、環境の変化に強く、従順。分裂しない程度にちゃんと食わせれば幸せに働く。このような用途に販売されてきた。
 子供体形の彼らは「キッズ」と呼ばれた。分裂増殖でも個性はそれなりにある。活発なリルとおとなしいロロは仲が良かった。
 何年かおきに入れ替わる畑の作業長は、人間種で、エリア本社から派遣される。
 橙色の太陽を短周期で周る、空気の薄い、寒暖の差の激しい星、夜はすべてが凍てる。朝には氷が解け、クルが芽吹く。どんどん伸びて鞘の実がなり、昼にはおそろしく暑く、乾燥して、干からびる。太陽が傾くと、クルの鞘がはじける。細長く先の鋭いクルの実はぼたぼた根元に突き刺さっていく。キッズの仕事はここで、広い農場を駆け回り、その実を抜いて回収しながら、根元に刺さった実はそこに埋めていく。それでも十分余るのである。一瞬美しい夕暮れ、あちこちで作業の終わったキッズたちがじゃれながら歩き回る。リルとロロも丘からよく景色を眺めた。そしてまた、凍てつく夜が来る。たいして温度管理もされていない宿舎で、彼らはかたまって休んだ。
 あまりぱっとしない左遷先なので、作業長もゆるいものが多かった。クルの実の食用処理法を語りながらその実でフェンシングの練習をしてみせる作業長、人生の価値とか神とかの話をする作業長、若いころの話をえんえん続ける作業長、君らが求めなければ権利は得られないと語る作業長。リルはそういう話が好きで、夕刻、作業長が出てきたらそばに駆け寄り、あとでロロにその話をしては笑うのだった。
 彼らは事故でもなければ死ぬことはなかったが、あるとき、夕方寒くなってから戻ってきた個体が、そのあと動かなくなった。作業長はそれをエリア本社に報告し、定年前の楽園もここまでかと、畑のわきでリルにつぶやく。
 交代で来たあたらしい作業長は、寿命の終了のきた集団を、使えるまで使って廃棄処理する係である。
 死ぬ個体が増えていく。作業効率が落ちる。ところがそこで、作業長は、キッズへの食糧供与を減らしていく。死ぬ個体が増える中、残りの個体の多くは飢えながら、身長が伸びて育つ。育たない個体もあり、リルは、すっきりした青年の姿になっていくロロを、かわらない姿で見上げる。育つキッズには、生殖器が形成されはじめる。これらは飢餓がキッズに及ぼす作用であった。
 毎夜、作業長は成長したキッズをひとりづつ呼ぶようになる。未成熟な生殖器をいじられて戻ったキッズは、急激に衰えて死ぬ。そのうち、作業長は、そろそろ成熟するからもうこの群れも終わりかとつぶやく。
 ロロが呼ばれる。リルも忍んでいく。ロロで遊ぼうとした作業長は、リルの持ち込んだクルの実で、首を斬られて殺される。
 そのすぐあと、性成熟をむかえた両性具有のキッズたちは、たがいに交わる。育たなかったキッズたちは、それを見ている。リルは、ロロに、交わるなかに入るよう促す。
 ロロを含む交配したキッズたちはいっせいに数人の新生児を分娩し、死んでいく。のこされたリルたち非成熟者たちは、急激にそだつ新世代を連れて、ずっと遠い場所で生きていくべくクルの実をもって、畑を去っていく。

文字数:1395

内容に関するアピール

「ユディットの首を斬るホロフェルネス」、の題材は、カラバッジオ以外にもたくさん描かれていると思いますが、あちこちでカラバッジオを見た中にあったそれを、使おうと思いました。おっさんを殺す場面ですね。1598-99年のものです。
 はじめは、仲のいいふたりが分かれてのち、立場も変わってむくつけき姿になった男子が昔仲の良かった女子を呼んでもういちどというところで、気づかない女子がそれを殺して、仲の良かった男子を探す、という展開にしたかったのですが、そっちに話がころがらず。そっちはまた考えます。
 栄養があると無性生殖、飢餓状態では有性生殖、というのは、読んだばかりの、「ビールの自然誌」の酵母からもらってきました。
 あらすじはいらないということなのですが、その画面のみ詳細に描いてもそこに至る話がないと頭が動かず、けっきょくふつうの梗概になってしまいました。クライマックスの場面は、「ほぼラスト」ということで赦してください。

文字数:410

課題提出者一覧