集団下校

梗 概

集団下校

フミトの通う第六中学は、環境バリアに囲まれ保護されている。指定「汚染」区域のためバリア外で自由行動はできない。
 登下校専用のスクール・バスがその日に限って故障した。
 学校には泊まれないし、親に迎えを頼むことはプライドが許さない。
 集団下校して、日没までに帰宅するしかない。
 担任の女性教師、タドコロ先生が集団下校のルールを説明する。守らなければ命が危うい。
 一つ。ノスティック・マスクとスーツを装着し、途中で外さないこと。外気に五十秒以上触れると「汚染」される。ノスティック・マスクはフルフェイスのヘルメットで環境情報を表示する。
 二つ。通学路ゾーンのみを通り、決して逸れないこと。
 三つ。班長と先輩には絶対服従。
 四つ。巡察鬼と《 不知者 ( しらないひと ) 》を回避する。巡察鬼はマスク内のマップに表示されるが《不知者》は表示されない。これらの存在に捕まると貨物列車で連れ去られる。
 夕焼けの中、フミトは五人のグループで、最年長の班長、エリスの指揮の下、縦列フォーメーションで集団下校する。
 エリスは帰宅部の部長で、通学路を熟知している。校内で唯独り、単独通学を続ける歴戦の強者。
 フミトは副班長として、年下のマナミとトモユキを送り届ける責任を感じる。
 だがエリスとはことあるごとに意見が食い違い対立する。エリスは不知者の存在も信じず、通学路から外れた近道をとる。
「そうしないと日没までに帰れない」
 フミトが初めて歩く街の中は、すべてが夕焼け色に包まれて静かだ。高い塔。遠くから響く貨物列車のもの悲しい汽笛。シャッターが閉まった商店街の店先。
 人はどこに消えたのか。
 街灯のない路地は異様に暗い。巡察鬼を巧みに誘導し、特級危険区域を回避して、周囲を警戒しつつ、夕闇に沈みつつある路地を進む間にも何者かの視線を感じる。
 ある《住民》が、獰猛な獣をけしかける。一同は装甲便所に逃げ込むが、マナミとはぐれてしまう。呆然とするフミトとエリス。
 エリスは教師たちへの不信を露にするが、自分の家が近くであるにもかかわらず残りの全員を最後まで送り届けると誓う。
 フミトらは、かろうじてトモユキを無事に家に送り届ける。
 異形の存在が出現し、グループを追う。エリスが捕まる。さらに化け物がユイナを拉致せんとする。
 フミトは身代わりとなり、ユイナを逃がすが自らは捕まる。
 化け物の声はタドコロ先生だった。彼女によると、学校と親は全員、AIを社会から徹底排除する純人会の信徒で、住民と対立していた。タドコロは生徒を純人会から奪い返そうとしていた。スクール・バスの故障も彼女の仕業。マナミは拉致されたのではなく、仲間に救出され無事という。
「AIに感染なんてしません。マスクは世界を検閲し真実を隠してしまう。先生を信じてマスクを外して」
 フミトは躊躇いつつマスクを外す。
 そこに先生の顔はなかった。
 翌朝、フミトは自宅で目覚める。
 次の集団下校のときに世界は異なる姿を現すだろう。

文字数:1230

内容に関するアピール

 出題意図の一つは、人間ドラマにフォーカスすることと捉えた。本課題を見て連想したのは、ヒッチコックの『ロープ』である。この映画では室内が舞台装置だが、本作では人が消えた街全体(通学路を含む)が舞台装置となる。移動の過程が、変化と連続性のある一つの場面となる。また、人物関係が動的に変化することでドラマチックになる。『蠅の王』のような小グループ内でのパワー・バランスの形成は、興味深い題材である。
 昼と夜の境目では現実と非現実が曖昧となる。舞台装置が持つ真の意味は、物語全体を通じて開示されてゆき、錯視図形や回り舞台のように途中でその意味が反転する。
 この舞台装置は、人間を試す試練の場である。人間、特に子どもはもっとタフであってほしい。世界律が徐々に崩れ、信じられるものが変化する中で、弱者が知恵で逆境に対処し、状況の変化に柔軟に対応するタフさを描きたい。主人公はダブル・バインドされて生き続ける。

文字数:399

課題提出者一覧