春学期の課題「100枚のドローイング」のあなた自身のドローイング中から、自分なりに何か最も「ひっかかり」を感じた一点を改めて選び、その一点を「契機」にして、さらにそれを「展開」した「作品」(絵画でも立体でも映像でもパフォーマンスでもなんでもいい)を制作してください。
そして、契機となったドローイングと一緒に提出してください。
秋学期からの受講生は、下記、「100枚ドローイング」の課題を読み、「短時間で自分に負荷をかける程度のドローイング」を描いてください。枚数は問いません。そして、その中で最も「ひっかかり」を感じた一点を契機に作品を制作してください。
【100 枚のドローイング】(2016年5月29日、スタディ3課題)
ドローイングを100枚描いてください。
ドローイング(drawing)とは本来、紙にペンや鉛筆などの硬い筆記具でひっかく(draw)ように描いたものを意味しますが、ここではもっとゆるやかに、<作品>の手前にある発想の起源のようなものを素早く描き記したもの、というほどの意味です。
したがって素材も画材も問わない。紙でも紙以外でも、ひっかく線描でも筆で塗っても、写真でも、コラージュでも、立体物でも、CGでも、言葉でも何でもいい。大きさも自由です。
しかし、100枚はクリアしてください。なぜ100枚なのか。100枚そのものに根拠はないけれど、短期間に集中してできるだけ多く(だから200枚でも300枚でもいいけれど)という意味で、自分自身に負荷をかけるためです。
そして負荷をかけるのは手だけではだめです。制作しながら脳みそがしびれるほど考え続けてください。自分は何をどう描こうとしているのか。描きながら見つめ続けてください、これでいいのかどうか、眼が眩むほどに。
手と脳と眼を総動員して負荷をかけ続けても、たぶん答えらしきものは何も見つからないでしょう。でも、負荷をかけつづけていると、しだいに手と脳と眼が分離したそれぞれではなく、渾然とした内蔵感覚のようなものに変貌する一瞬が訪れる、かもしれない。
それが描くこと(制作すること)の最も根底を支えるフィジカルな力の端緒なのだと、ぼくは考えています。
最後に、自分の描いた100枚のドローイングをもう一度見直し、自分が結局は何を実現したのか、あるいは実現しようとしたのかということを、短いステートメントにして下さい。

課題提出者一覧