私の顔をしたあの子

作品プラン

私の顔をしたあの子

6年前の私の顔をした病たら、言う。
『「アートの前では病があろうと無かろうと平等」とあいつに言われて私は完全に頭に来た。

だから物理的にでもなんでも、あいつにしがみついてやろうと思った。引きずり降ろしてやろうと。』

 

・・・いつも思うけど、この子は存在を否定されるのが嫌なのだ。

病とはいえ、なんだかもう人格を持ってしまったのだろう。

私のキャラではなく、いちキャラクターとして存在するのだ、私の腹の中に。私の顔をして、別人格で。

 

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

文字数:306

課題提出者一覧