≪young, nothing, caking ―若くて何もないなら、幸せになれるケーキを探せ≫ステートメント

作品プラン

≪young, nothing, caking ―若くて何もないなら、幸せになれるケーキを探せ≫ステートメント

箱の中には、何もなかった。若者が消えた。ミニマル化しすぎて消えた。

「最近の若者は、ショートケーキみたい。甘くて、やわくて、スカスカで、すぐに倒れる」。

もうこれ以上、傷つきたくないと思って、ケーキの箱を買った。やわらかい自分を守るために。

 

これを言ったら、人生、終わり。

「やりたいことは何もない」
「人と関わるのが苦手」
「何を話していいのか分からない」
「働きたくない」
「引きこもっていたい」
「クズです」
「嫌い」
「好き」
「全て私のせい」
「やる気が起きない」
「他人に興味がない」
「全てに興味がない」
「終わりにしよう」

ねえ、始まってもいないのに? もしや、何が始まっているつもりでいたわけ?

言ってはいけないことを、まとめて言ったから、終わり。一回休み。ずっと休み。始まっていなくても、終わり。

全部を終わりにしたら、何もなくなってしまった。箱もいらなくなってしまった。

だから、この空っぽを、懸命に守る。いつか、自分の納得のいくものだけで埋めるときがくると信じて。

 

 

35_%e4%bd%90%e8%97%a4%e7%a2%a7%e7%b4%97_young-nothing-caking

文字数:427

課題提出者一覧