《SHOSHIN LAND》ステートメント

作品プラン

《SHOSHIN LAND》ステートメント

4月に彼氏に振られてしまった私は突然の別れに気持ちの整理がつかないまま。そんな私が今行きたいのは、いわゆる「傷心旅行」。きれいな景色をみて、ゆっくりして、ぱーっとお金を使いたい!でも仕事があるので旅行するのに十分な休みも心の余裕もない。

日帰りで行ける場所があればと思ってふと検索したら、怪しい場所を見つけた。

その名も「SHOSHIN LAND」。

2014年にオープンした一人でいける傷心の人向けの遊園地…食べ放題やマッチングサービスもあるらしい。最近はやりの「街コン」の派生だろうか。運気を高めるグッズ「イタミン」が人気で持つだけですぐ恋人ができるんだとか。今とにかく落ち込んでるしそういうものに頼るのもありかも。

場所も東京…とよく見たら振られた彼の住んでいた南千住だ。

これは…
かなり怪しいけど少しでも忘れられるなら…。すこしの好奇心とお金を握りしめて向かった。
 

近年、未婚化や晩婚化が進む中、出会いの機会を求める「街コン」「婚活パーティー」を主とした婚活産業の急成長ぶりには目が離せない。皆、理想を追い求め続ける。そして本気の出会いや恋愛に金は惜しまない。

一方で出会いの数だけ別れがある。別れの形は様々だが食事、旅行、映画、買い物、体験等、寂しさを埋めるために金を惜しまない行動はたくさんある。どこかで発散方法を間違え私のように引きずったり騙されたり失敗するよりも、ずっと安心して自分を開放できる場所が「SHOSHIN LAND」である。そこに「別れ」産業の可能性を見いだした。

ストレスフルな社会に少しの心とお金の置き場所を求めて。

文字数:667

S__1703997 shoshin

文字数:1

課題提出者一覧