《震度7 わたしたちは何かを断念しなくてはならない》ステートメント

作品プラン

《震度7 わたしたちは何かを断念しなくてはならない》ステートメント

人間の生は一直線上にある。
遠い遠い未来、私たちが死を経験できない科学が進歩したとしても、人間は時間と共に進むのだ。

そして私たちには、アートというものがある。
それは欲望の塊だ。
アートも人間と同様に、きっととても弱い生き物だ。

私たちはしぬし。私たちはわすれる。

乗り越えられないからこそ、価値があるものを、わたしは旅をしながら、見つけなくてはならない。

 

 

02_下山由貴_震度7 わたしたちは何かを断念しなくてはならない

文字数:175

課題提出者一覧