《Back トゥ→ 縄文era!》ステートメント

作品プラン

《Back トゥ→ 縄文era!》ステートメント

太古の“kokoro”とりもどす旅へ

~Back トゥ→ 縄文era!~

 

・仕事がなくて毎日ヒマ。。

・Basic Incomeだけじゃ旅行なんて行けない。。

・何もしないで生きるのって案外ツライかも。。

・ワクワクってなに?

そんなyouたちのために私たちが編み出したサバイバルツアー、名付けて「Back トゥ→ 縄文era!」!

Cheepなpriceで旅行ができたのもイマはムカシ、AIロボットのおかげでJOBが無ければMONEYも無い。イマや旅行はJOBを持ってる世界の富裕層AIdriverの特権になってしまった!oh my GOD!

でも心配ご無用。

そんなJOB無しのみんなさんのために私たちチョーcheepなツアー編み出しましたよ!それが「Back トゥ→ 縄文era!」!私たちが開発したテントにもなる竹造りの可変式Backpackに多摩川流域の狩猟採集mapを詰め込んで、イザ、イントゥザTAMAriver!鮎釣りがseasonを迎える6月から晩秋にかけてがツアー真っ盛り!可変式Backpackさえ購入いただければ誰でもいつでもツアーを始められます!

さあ、あなたも太古の“kokoro”に触れてみよう!Let’s be 縄文-zin!yeah!

〇可変式Backpackの中身

・竹(テントの骨組みになります)

・「Back トゥ→ 縄文era!」旅のしおり

・木の実採集map(多摩川流域)

・鮎釣りmap(多摩川流域)

・「雑草っていわないで 食べられる草図鑑」

・「食べられる虫、ウマい虫ハンドブック」

・ブルーシート

・釣り糸

申し込み期限は2031年6月26日まで!来seasonのsalesがあるかどうかはWe don’t know!ちょっとでもノリキなyouこそPlease call us now!

TELL:○○-××××

購入しちゃえばあとはカンタン!Backpack背負って多摩川行ってFREEにサバイバルするだけ!ツアー先でのあなたの行動次第で次の人生が開けちゃうかも!?私たちのツアー参加者にはCrazyな人生見つけたツワモノごろごろいるよ!ツアーに行って本当の人生見つけチャオ!

〇ツアー参加者のVoice

・最初はイヤでした。今の時代外で寝るなんて自殺行為ですから。。でも友達に誘われて仕方なく参加してみたんです。そしたら私の方がハマってしまって。。ツアーが終わった後もしばしば一人で森や川に出掛けて木の実や草を採集したり魚を獲ったりしました。すると私の中で何かが芽生え始めたのが分かって。魚の骨とか石みたいな自然のものを使ってアクセサリーを作り始めました。そうこうしているうちに私の作品がAIdriverの目に留まって、今ではたくさんのファンが私の作品を買ってくれます!毎日作品作りで大忙しです!お陰で先日南米旅行に行くことができました!次の夢はシャトルに乗って月へ行くこと。毎日やることがあるってほんっとうに素晴らしい!!(40代女性 無職→縄文装飾美術家兼Designer)

・ツアー中に出くわした時はもちろん警戒しました。昔は彼らを馬鹿にしていたし、彼らには絶対近づくなって母に教えられて育ちましたから。。でもそれは間違いだったことに気づいたんです。他でもない、BLUE SHEET BUILDERたちこそが縄文の精神を現代人に語りかけていた先駆者だったんだって!入族の儀式が終わったら多摩川河川敷にブルーシートの大型家屋を建ててくれることになっています。ようやく、人生の師匠に出会えました(20代男性 名門大学→無職→BLUE SHEET BUILDER 多摩族入族)

・明日の食料の保障だってありません。でも人生で初めて生きてる実感がしますよ。勤務時代のオレは死んでいたも同然だったwwwww(60代男性 丸の内勤務→無職→流浪人(利根川流域徘徊))

・あしたは山でシカ狩りなの(10代女性 無職→HUNTER)

さあ、次はyouの番だ!

「JO-MON」という名の未来を拓け!

 

注:ツアー中の事故、襲撃、餓死、公的圧力について私たちは全然責任とれません。どうか分かってください。

 

販売元 株式会社ソロー

所在地 神奈川県川崎市多摩川流域

文字数:1723

課題提出者一覧