ゲンロンSF創作講座の最終講評会は、「ゲンロンSF新人賞」と銘打ち、『ゲンロン9』(2018年9月刊行予定)に掲載される最優秀賞作品を選考します。審査員を務めるのは、大森望、山田正紀、東浩紀の3名と、過去のゲスト講師(任意参加)です。

最終作品については、特定の課題やテーマを設けません。
過去の回に提出した作品をリライトしてもかまいませんし、完全な新作でもかまいません。
枚数は400字詰原稿用紙で120枚分(48,000字)を上限とします。
各作品には、選考委員に向けたアピール文(800字程度)を添えることができます。

課題提出者一覧