Machine Times

印刷

梗 概

Machine Times

川で水浴びをしたのです。そしてそこでごく普通の立派な英語で文章が書かれていましたが、二四時間何もなかったでしょう。話したらベッドに行きます。下で眠ろうと思いました。それから時計に気がつきましたが。

わたしはむっつりと先へ進めました。なんとか息を吸い込んで、そしてあの光なき闇の中を、地下世界はただの夢がある。あれが時間です。大丈夫です。話を。

未来に飛び込んでいったというのには、気休めにすぎなかったのです。それがすぐに話します。ある問題に何本かあって、時間旅行者はそこに隠していると思いません。もっと近い時代、人類が社会的な渇望にもそんなことは認めざるを得た五晩、最後のか弱い細流たる人々に対し、心底から哀れみを感じました。くじなら何をしたほどです。

そのクッションの上に横になるのがぼんやり見えました。いいえ、あなたのまちがっていました。これはわたしは急に曲がり、下の空洞の台座の上に、このろくでもない種類のものでした。ジャーナリストは緊張を和らげようとして、おそらくは最高のことを考えました。これを解読する役に立ってくれるものに出くわしました。

物語の展開につれてこさせた。そして地下は、すでに述べた。それでも、必死で走り続け、ほおとあごには実に奇妙な特徴として、おそらくは最高のことはありますので。狂ってる。昼食前に何度も繰り返し止まってしまいました。

そして西の空で太陽がどんどん速度を落とすと、千切れて血が出て、すわりこんでいる社会的な孤独の中を手探りで探さなくてはならんでしょうか。モーロックたちに対する防御として、へティ・ポッターの小話をしています。井戸のようなカーテンがかなりか細くなり、やがて千の位の針は、同じ灰色の目がくらんだかのようです。手始めにその時は何だかわかりません。たとえば肉体的な帰結では、止まろうとわたしは作りがちがっていますよ。

文字数:778

内容に関するアピール

できる限り最高のおもてなしをしました。機械がですが。

まだまだ素朴な実装ですが、この作家の成長を見届けたいです。

mt

文字数:55

印刷

Machine Times

Machine Times

文字数:12

課題提出者一覧