おとうさんといっしょ

印刷

実作

おとうさんといっしょ

実作に関するアピール

ネーム段階より息子の感情に焦点を絞って描きました。

文字数:25

印刷

ネーム

おとうさんといっしょ

ネームに関するアピール

「男たち」をメインにするなら以前から描いてみたかった父と息子の話をと思い、かわいいおじさんと三白眼の男という自分の好きなタイプの男性で描きました。家族の中で母×娘、母×息子、父×娘は自分の中に関係性のパターンがいくらかあるのですが、父×息子はお互いのことをどのように感じているのだろうと父の立場にも息子の立場にもなれない分、気になります。

それぞれの価値観のためにすれ違う切なさは、すぐには離れられない関係性で深くなりやすい。解決するでもなく壊すのでもなく、その切なさを確認できるように描ければと思います。

意識している雑誌は引き続き「ITAN」です。

文字数:274

課題提出者一覧