絵と絵の間に関係性をつくる

作品プラン

絵と絵の間に関係性をつくる

  1. 紙100枚に番号をつける。
  2. 1番の紙を見ながら2番の紙にドローイングする。
  3. その2番の紙を見ながら3番の紙にドローイングする。
  4. 4番から100番まで、順番を変えたり、複数枚の紙を見たりしながらドローイング する。

 

キャンバスに番号をつけて、キャンバスにキャンバスを描いたことがある。その行為はこれからも継続する。人間の間に関係があるように、絵にも関係を作ってみる。含んだり、含まれたり、影響されたり。

自由にドローイングしていたが、どうしてもその自由の中で頭を使う感覚がつかめない。そこで、ルールを用いてやってみることにした。

 

 

04_タゴチャン_絵と絵の間に関係性をつくる

文字数:265

課題提出者一覧