《Cross dressing》

作品プラン

《Cross dressing》

自由に生きたい、着たい。

僕は人に異性装する人だと思われている。

その時、その場合の心の在り様に応じて服装を選んでいるだけで、僕自身は異性の服装をしているとは思ってないから
自分が在りたいと思う、在りのままの服装をチョイスしてるだけなのに
それでも、表現的には異性装扱いになってしまう。

僕は自分が好きか・自分に似合うか、という基準で服を選んでいるのでそれが異性装であるとか、そうでないとか言われるのはなんとなくピンと来ないのです 。

 

高くてハイソな感じよりも、見目に惹かれる安い服が、好きなんだ。
あとはこう、男期と女期を行ったり来たりするせいでクローゼットもタンスも、もうそろそろキャパオ−バーしている。

なんせ反対の性期だと、好みまでよくわからなくなるんだ、本当に。

 

 

19_%e6%a3%ae%e5%b1%b1%e4%ba%9c%e5%b8%8c_cross-dressing

文字数:331

課題提出者一覧