江戸のマーキス

印刷

梗 概

江戸のマーキス

 別の時代につながる時間水門が、世界各地の八箇所に突如出現した。混乱を経ていずれも国際管理委員会により厳重に警備されている。
 アメリカ人のWhoTube人気ヴロガー、マーキスは、登録視聴者数三千万人を抱え、莫大な富を得ていた。違法すれすれの挑発的な動画が売り物だが、最近は視聴者が激減していた。再起を期すマーキスは、全財産を投入してプロ集団を雇い、日本にある時間水門の場所を特定。忍者の末裔でもあるボディーガードの御木本とともに、小型クルーザーで違法侵入する。目的は、幕末の江戸でハラキリを撮影して、世界初の異時間WhoTube実況をすること。
 江戸に上陸し、サムライ映画そのもの町並みに感動するマーキス。片言ながらも現地日本人に英語が通じる。日本の歴史について無知なマーキスだが、なにかがおかしいと気づく。
 マーキスは、流暢に英語を操る毛利藩の英語侍、高田と知り合い、幕府と接触して歓待される間に状況を徐々に把握する。
 西暦1910年の江戸。そこでは、幕府の実権を掌握する執権であり、不世出の外交の天才、旗野の指導のもと、幕府が開国を決断し、革命が回避されていた。尊王攘夷と倒幕運動は完全に封じ込められ、近代化は幕府により成し遂げられた。士族は爵位を取り入れ、軍事階級として新武士道の意識改革を進めていた。いち早く国際化を実現した江戸では、金髪の武士も闊歩していた。
 一方、アメリカは移民を徹底排斥し鎖国しつつあった。神奈川沖には、閉鎖的なアメリカやヨーロッパから逃れてきた艦隊が碇泊していた。
 しかし、開国を要求したのは、西洋諸国だけではなかった。
 五十年前、白い巨鳥のような「城船」が神奈川沖に来航。来訪者は「店人テナント」と呼ばれ、数々の驚異的な先進技術を持っていた。
 木材を鋼鉄より固くする技術。
 人工筋肉のように強力に収縮・伸張する「強折紙つよおりがみ」。それらを応用した強力な兵器。
 そして立体映像投影機器である。高札の前に上映小屋が作られ、幕府のプロパガンダ流布に活用されていた。
 店人たちの代理と名乗る人物が、日本との通商を要求。旗野は、諸国の機先を制して条約を締結し、店人が開示した技術をいち早く取り入れた。
 店人たちは、台場の居留地内に留まり姿を見せない。ようやく目撃した店人は一見普通の人間で、常に携帯機器を手にしてそれに見入っていた。
 江戸では人型木製機械、木徒ボクトが生産されていた。四肢は「強折紙」で駆動される。店人により自律的知性を与えられ、契約して人間と共存する。
 職人たちは木徒工芸の極みに達していた。
 店人と密かに取り引きを進める幕府への不信が育つ中、店人代表団が襲撃される。同行していたマーキス、御木本、高田は襲撃犯に連れ去られる。
 襲撃したのは、幕府に対するレジスタンス、野菊隊だった。
 リーダーは、失われた王家の末裔を自称する女、推子すいこ。反体制派のオールド・サムライと手を組み、幕府転覆を狙う。マーキスはレジスタンスと行動を共にする。勇猛果敢な推子に徐々に惹かれていくマーキス。
 マーキスたちは、店人の秘密と意図を知らされる。
 店人は寄生生命体であり、携帯機器こそが本体だった。視覚を介して人間を直接制御でき、接続した映像投影機や機械も操れる。
 大量に生産された木徒は、人体を入手するまでの仮のボディーとして使われていた。
 しかし、店人が通商の対価として真に求めていたものは生身の人体であった。店人は生物としての肉体を捨て、人工の体で半永久的な命を享受していた。しかし、一度は捨てた生身の感覚を忘れられなかった。
 店人のいた世界では人間が絶滅してしまったので、時間水門を設置して、生身の人間が豊富にいるこの時代に移住してきたのだ。マーキスの時間軸タイムラインは「中継地点」として使われたらしい。
 マーキスは、時間水門が一方向で、「未来」に戻れないと知り愕然とする。
 店人と幕府は、横浜にあるレジスタンスの本拠地を突き止めた。
 危機を感じた推子たち野菊隊は、木徒部隊を率いて、店人の城船を先制攻撃する。
 マーキスは、アメリカ艦隊を説得して攻撃に参加させる。
 野菊隊とアメリカ艦隊は、店人の城船を攻撃するが、予想を遙かに超える戦力で反撃され、たちまち鎮圧される
 推子、マーキスらは幕府に捕らえられる。推子は出自の嘘を暴露され、野菊隊は精神的な求心力を失う。
 幕府の執権、旗野と対面するマーキス。旗野は、推子の切腹を撮影することを条件にマーキスを解放する。
 推子は切腹させられ、マーキスは涙を流しながらそれを撮影する。カメラは没収された。
 御木本は自力で江戸城に侵入し、旗野を暗殺し、カメラを取り戻す。
 切腹映像は、密かに配布され、レジスタンスの機運を刺激していく。

文字数:1969

内容に関するアピール

 本作では、日本が、「異人」に対する開国を経た後、「異世界人」への開国とどう向き合ったかを描く。
 日本の精神的な鎖国は、現在まで続いている。
 本作に、幕末の有名人物は一切登場しない。
 日本は、開国までは東アジアの「木と紙の文明」であった。本作では、江戸と武士階級を一度解体し、《ウッドパンク》として再構築する。
 表面的には国際的な江戸も闇を抱える。トリックスター、お騒がせ者的なヴロガー(ビデオ投稿者)の主人公は、事態を引っ掻き回したあとで、自ら予想しない役割を果たす。
 木徒ボクトは、単なる機械ではなく、その中身は店人テナントである。大名が威儀を示すための超大型、裕福な商人が囲う鑑賞型、奉行所・与力などの公的権力で働く治安維持型など、大きさや特技は様々である。
 店人たちも一枚岩ではない。かつて異人と和解に至ったように、店人との共存の道はあるのか。実作ではその点も描きたい。

文字数:395

課題提出者一覧