《地形の召喚》

作品プラン

《地形の召喚》

私には、歴史を記すことができなかった。しかし、地形は断層の変異を、造成の爪跡をその身に宿している。

 

私には、不可視のものを立ち上がらせることはできなかった。しかし、地形は造山活動により流域を、土木の介入により水系を、その身に内包している。

 

私はここに地形を召喚し、刻まれた歴史と内包した見えざるものから新しい土木の夢をみる_

文字数:162

課題提出者一覧