ワンスアポンアタイム002

印刷

完成稿

ラストボーダー002

完成稿に関するアピール

以前の「ワンスアポンアタイム」は、女性向けということを前提に考えて付けていました。
処女喪失というモチーフを女性の自身の過去の体験に対して「昔々」と感じてもらえたらと思っていました。
処女喪失自体を「重要そうに語られるけど特に意味はない」と言いたかったというのがあります。
しかし処女時点ではそれを重要ではないかと考える処女性というのも描きたかったところで、
その重要らしいと言われるものを嫌悪する可能性がある立場の、同性愛の処女というキャラを主人公にしました。

なぜ題名を変更したかというと、次に重要だと思って語りたかったものがコンドームというモチーフだったからです。
002はもちろん言わずもがなそれです。
乱暴に言うてしまえば「ゴム有りセックスをしてるうちはたいしてなにも無い」くらいのことかなとも思います。
もっと丁寧に言うなら、結局この登場人物たちは誰一人として自身のセクシャリティをお互いに理解することは無いし多分無理です。
となると、もともとネームで組み込んでいた「元から女装の男子」はやはり余計になるのでそれを排除し、
「コンドームを越えようとしない男子」にすることにしました。好きということを伝えすらしない、
越えようとしないやさしい男子です。ということで、処女喪失モチーフのウェイトが少し下がり、
コンドームを越えない奴らという方が少し上がり、
どっちつかずじゃねーか状態になったなと思い、なんだかとても悔しい気分です。
16pでやれることはひとつだって分かってるだろ感でいっぱいです。
第8回の時の実作はあまりに画面が綺麗になりすぎてしまったので、
今回はアナログとデジタル混合で作成しました。
仕上げが中途半端な状態で申し訳ありません。

文字数:713

印刷

ネーム

ワンスアポンアタイム002

ネームに関するアピール

おまけ

 

 

少女まんが風なものが描きたくて作りました。
絵柄が合わないなと思って挫折しました。

文字数:43

課題提出者一覧