人工知能AIについて、さまざまな未来予測がなされている。近い将来、AIが人間の知的能力を超え、社会が激変するだろう、等と。
現在の、あるいは将来現れる可能的な機械は考えているのか。考えていることになるのか。
また、機械は意識をもつのか、もちうるのか。
機械が思考の能力をもつことは可能か。それを不可能であると考えるべき原理的理由があるのか。
機械は意識をもつことは可能か。意識をもっていることは確認可能なことなのか。そもそも意識をもつとはどういうことなのか。
こうしたことについて、自由に論じなさい。
機械(の将来)について考察することも重要だが、真の目的は、機械についての考察を媒介にして、(人間にとって)思考とは何なのか、意識とは何なのかを考えることにある。つまり、この課題の眼目は、思考そのものについて思考することにある。
あわせて、AIとその周辺の技術の発展が私たちの社会をどのように変容させるかについての考えも展開してもらいたい。

<運営による追記:今回ゲスト講師から文字数制限はありませんので、批評再生塾の基準である「2000字~8000字」を選考対象とします。>

課題提出者一覧