〈東浩紀による課題〉

この課題が提示されて前後して告知されていると思いますが、批評再生塾は今期で終了となりました。みなさんは最後の批評再生塾生となります。そして、ぼくの授業が行われる2019年は平成最後の年でもあります。
というわけで、みなさんには、平成にとって批評とはなんだったのか、あるいは逆に批評にとって平成とはなんだったのか、それぞれの平成観/批評観を書き記してほしいと思います。とりあえずの参考文献としては、佐々木敦さんの『ニッポンの思想』と『ゲンロン』第1期で展開した共同討議シリーズ「現代日本の批評」があげられますが、独自定義による独自の歴史観でもかまいません。
平成は1989年に始まりました。1971年5月に生まれたぼくは、当時17歳でした。ぼくはちょうど、そのころから批評を読み始めています。つまりは平成は、10代後半からいままでのぼくの知的キャリアにぴたりと重なっており、その点でぼくは完全に「平成時代の批評家」です。ぼくは生年としては昭和生まれだけれども、昭和時代の批評をリアルタイムで読んだ経験はほぼありません。だからぼくにとって、平成を振り返るということは、批評を振り返るということにほとんど等しい行為です。そのようなぼくに、盲点だった新たな平成/批評の可能性を教えてくれる、斬新な平成論/批評論をお待ちしています。

〈安藤礼二さんによる追記〉

私は東さんより4歳年長ですので、平成がはじまった年、大学卒業を間近に控えた21歳でした。チェルノブイリの事故は3年前に起こり、ベルリンの壁は今まさに崩壊しつつありました。昭和の終わりと平成の終わりは微妙に重なり合いつつ、重要な差異を孕んでいるように思われます。自分がこれからの人生を選択しなければならなかった時代と重ね合わせ、東さんとはまた異なった視点から、皆さんの平成=批評論を検討していきたいと思っています。

<運営による追記:今回ゲスト講師から文字数制限はありませんので、批評再生塾の基準である「2000字~8000字」を選考対象とします。>

課題提出者一覧