実作者のゲスト回は毎回、ゲスト講師を対象とした批評文の執筆が課題となります。
したがって今回受講生の皆さまには、空間芸術回の実作者講師である平田オリザさんについての評論を書いていただきます。
内容、形式などは原則として自由。選考対象文字は〈2000~8000字〉とします。

課題提出者一覧