ぼくたちが美術作品に触れるとき、多くの場合、「展覧会」という発表形式を通して鑑賞します。もちろん現在では、ネット上の画像や印刷された図版を介して、膨大な数の作品に触れることが可能ですが、展覧会という発表形式に取って代わるまでには到っていません。

そして、展覧会そのものを批評する「展覧会評」もまた、美術批評においてはスタンダードなスタイルのひとつです。

展覧会評では、美術作品そのものの批評だけでなく、展覧会の枠組みやキュレーションの思惑、開催場所の文脈、発表時期の意味などなど、美術作品を取り巻く様々な要素を関連付け、その意味を解析しなければなりません。

たとえば、近代的な美術批評は展覧会評というスタイルを取ることで、美術作品を「社会」の内側に(再)配置しようとしましたが、そのような操作が美術に対する言説を拡張し、美術批評というジャンルの形成に寄与した事実は見逃せません。

つまり展覧会評とは本来、美術作品を作者や美術史といった既存の枠組みから一度解放し、批評の力によって新たな関連性を見出そうとする試みだったのです。

ということで、今回はみなさんに展覧会評を執筆してもらおうと思います。

条件は「実際に鑑賞した展覧会を対象にすること」くらいで、あとは自由に書いてもらえればと思います。複数の展覧会を取り上げてもかまいません。

専門的な美術批評を書いてもらいたいわけではないので、必ずしも狭義の美術展を対象にしなくてもよいです。そのあたり、どんな「展覧会」を取り上げるのか、という嗅覚も重要になってくるでしょう。

いろいろと書きましたが、簡単に言えば「展覧会評というスタイルを利用して、おもしろい批評を書いてもらうこと」が狙いです。

どのような批評が出てくるのか、楽しみにしています。

<運営による追記:今回ゲスト講師から文字数制限はありませんので、批評再生塾の基準である「2000字~8000字」を選考対象とします。また今回は新芸術校とのコラボレーションとして、新芸術校の受講生も同じ課題に提出が可能です。批評再生塾生の優秀者は、従来通り三名選ばれます。別途芸術校生からも優秀者が選ばれ、全員がプレゼンテーションを競います。なお、得点も全員に割り振りとなります。>

課題提出者一覧