印刷

実務とは何か。IT常識技術とは何か。

中間レビューの途中でモデムと表現していたがルーターの間違えです。少しニアンス省略していたが、まあ、良いか。これで、半分はゲンロン参加での目的は達した。ゲーム8はゲンロン8のミス。冗談と言っていたが、提案の実務の本質内容です。三層はこれからじっくり内容を充実させて、ファイナルアウトプットはギューと絞れると見える。さて、如何、ケリを付けるか。私、一人で決めれないが、そろそろ、金融庁長官が決める時期が来るのか。特に、司法の検察庁が決めることなのかも知れないが、少し筋が違うと感じる。IT常識技術を知ろう。10/5,6,7,8,9のみずほ銀行ATM全停止がウイルスを全摘出できるか、俺のお客さまの後継企業が立ち直れるか、成功を信じたいね。町田ではATM還付詐欺が数件9月に報告されている。➀犯人口座がみずほ銀行⓶無人ATM店舗がみずほ銀行③他社無人ATM店舗でみずほ銀行のカードが使われた、以上3つのケースがみずほ銀行のウイルスで実行されるとATMがシングル画面になり得るか?これは考えるコトが多い。

実務とは何か。IT常識技術とは何か。

これを、半年掛けて遣ろうか。特に検察庁とは何か、金融庁とは何か。

閑話休題。

〈知〉の伝達という文脈において、①鮫の脳(父性)、②鼠の脳(母性)、③人の脳(知性)が芸術や科学やビジネスの世界で如何発展して来たか。①鮫の脳は発展していないのか、②鼠の脳も進化していないのか。③人は動作に置いて何か道具を得たのか。

「アーカイヴ」を、「耐久性がある素材(テクスト、文書、建物、骨)、を理解するのは③の人の脳だろう。

その場で消失する「レパートリー」は、「身体化された実践/知、話される言葉、ダンス、スポーツ、儀礼」だが、これは①にも②にもあるだろうと仮説を置くとどんなケースが考えれるか。

「『アーカイヴ的』記憶は、文書、地図、文学テクスト、書簡、考古学的死骸、骨、ヴィデオ、フィルム、CD、変化しない諸アイテムは存在する」、これにレパートリーは動画として言語化された。

「レパートリーは、身体化記憶を行為化する。パフォーマンス、身ぶり、口伝え、動き、ダンス、再生産不能な知、消えてしまう再生産不能な知、諸行為」である。ここは、絶えず言語化して来た。その事実が尊いと感じる。

「アーカイヴ」と「レパートリー」〈知〉の伝達の形態的カテゴリーは、相互貫入的/侵犯的であり、まさにここがテーマだろう。芸術は鮮やかにそれを生み出して来た。

演劇的表象の「アーカイヴ」戯曲テクストと、「レパートリー」のパフォーマンス(演出と俳優の語りと身ぶり)である、ビデオより生が良い。この本質を問って居る。

「動かないもの」(テクスト)の「アーカイヴ」と、その場で消える「動きつづける=可変的」な「レパートリー」(パフォーマンス)、の2元的な観察で十分なのか。

2つの記述概念を使い、⑴芸術文化の諸領域に⑵同時代的課題を、⑶具体的な作家や作品、事象に必ず言及し、批評的に論じる。科学やビジネスも論じたいね。

私のテニスやフルートを論じても面白い。テニスはボールのラインを如何読んで、返すラインを如何ラケットに与えるか、頭を挙げろ・腰を先に回転させて遅れ気味にラケットをゆっくり振り切れば、その連鎖運動は鮫の脳で充分だが、観測事実は鼠の脳程あるが一瞬で選ぶ人の脳の動くタイミングはそれぞれの技量のゾーンで違って見える。アンサンブル中心のフルートはまだ技量が低いが見える水準は案外、感動を持って接する機会が一瞬に訪づれる、音が耳から入るとき、肉体が響きを感じるとき、そこには音以外のモノは存在せず、自分の発する音がアンサンブルの環境から相手の音しか聞こえない、え、これって何だろう。呼吸なのか、息なのか、すうっと消えて行く流れなのか。

内野儀で検索すると得た情報は、正直に言って面倒臭いね。抜粋するね。

2004年2月に始まった。『三月の5日間』をスフィアメックスで見て、〈衝撃〉を受けたという紋切り型ではなく、不可思議な強い〈情動〉に襲われた、〈情動〉を言語化し、進化/深化し、『三月の5日間』がリクリエーションされる。〈情動〉が今どういうことになって立ち現れてくるか。

  • 『私たちは内戦している – 自殺途上の国の想像力』

  • 「演劇は社会の鏡」―常に同時代を批評的に描き問いを投げかけてきたチェルフィッチュ/岡田利規。創作の源となった社会事象や問題を切り口に、活動を多面的に紐解く記事を約1年にわたりお届けします。
  • 『チェルフィッチュ(Chelfitsch)』は造語で『自分本位』という意味の英単語『セルフィッシュ(selfish)』が明晰に発語されずに幼児語化した、という意味。

ドイツの公共劇場では、アンサンブルという劇場お抱えの劇団があり、その地域に住み、日々舞台をこなしながら新作の稽古に励み、非常に完成度の高い作品を上演す。「舞台芸術」だ「移動しない定住性」こそが舞台芸術の特徴だ。一定の社会文化言語圏に限定された。

観客席の構成も、身分制度と関係し、一般人は土間にたち、後ろの観客席に王侯貴族が座って一般人を見下ろす社会構造を反映する。ラジオやテレビ、ネットがない時代、劇場は社会の構成員が顔を合わせ、一定の価値意識を共有し、共同体意識、国民国家の時代になると、ナショナル・アイデンティティを確認する重要な場も、機能していた。

近代化の過程で、演劇の文化装置の役割が、共有されない、役割を国家が期待していない。教育も、音楽や美術と違い、舞台芸術は国家規模では制度化されず、美術は東京美術学校、東京芸術大学美術学部が、岡倉天心らを中心に設立され、教育機関として人材を育成して美術そのものを保護した。音楽もです。西洋音楽は、「取り入れなければ近代化できない」、国がイニシアティブを持って制度化を進めた。

劇場の持つ一体感は、時として政府や既存の秩序への脅威にもなる。反社会的、反秩序的な意識が共有されて、現在の枠組みが崩される。英国では、清教徒革命直後、劇場が閉鎖される。劇場には猥褻なエネルギーが溢れ、危険な場所だ、閉鎖にいたった一因だ。

日本の演劇は現行の体制に介入する、価値転倒的に批判する方向性は持ってこなかった、伝統のある能や歌舞伎。長く引き継がれてきた、明治維新以降の国家という枠組みの外側隙間で、過酷なサバイバルへの道を探り、生き残りに成功している。

「強度」の高い作品で観客を圧倒する、ドイツでは、俳優はあらゆる役に対応できるよう、演劇学校で教養や技能を叩き込む、劇場のアンサンブルに採用され、その地域に生活拠点を置き、常に同じメンバーが同じ空間を共有し、お互いが阿吽の呼吸で、名人芸のようなパフォーマンスで作品を作り上げていく。アーティストが移動しながら刹那的に形成する集団では出来ない。

「名演技で感動の渦に巻き込む」圧倒感が減って、舞台芸術とは完成した作品を観客に見せる。古典、新しく書かれた戯曲、物語があり、登場人物も事前にテクストに書かれている。俳優は決まった物語・登場人物を、劇場で演じ「作品」が完成する。

移動性の時代の舞台芸術は移動と滞在、上演を繰り返し、作品を完成に近づけ、深化させ完成作品を短いリハーサル期間で上演でなく、プロジェクトとして時間をかけ、地域での経験を活かし、創造していく過程として、舞台芸術が存在する。舞台芸術に移動性のキーワードはプロジェクト性とコラボレーションでしょう。

「強度」は落ちます。何が強度なのか、高い芸術性を持った作品が評価される共通認識が薄れてる。少なくとも、「強度」の中に新たな要素が加わっている「共感」です。「強度」より「共感」がキーワード。

移動性の現場での重要な要素は当事者性です。素人で、演技自体は下手でもかまわない。テーマ問題に直接的に関与している本人が話している。リアルに当事者性が伝わる。虚構の物語では、ワークショップでアイディアを出し合えば、経験を活かした物語になりやすい。

都市も国際化し交通網や経済の発展により、ドイツには若い世代を中心に、世界各国から人が集まる。ベルリンでは、「ドイツ人」は3割程度です。社会構造の変化にあわせて、マキシム・ゴーリキー劇場では若い聴衆の感性に合わせ、身近な問題とその時代環境を反映した作品を打ち出す。

ベルリンにあるフォルクスビューネでは、フランク・カストルフという演出家が、長期に渡り劇場総監督を勤めた。旧東ドイツの思想を色濃く残した反体制的な演出で知られていて、マルクス主義的な、知的であり、破壊的な作風と、演じる高い技術を持つアンサンブル、強度の高い作品が名物でした。

グローバルな演劇のニーズに適合する変化が必要、点を反映している。

さて、上手く省略して届けられたか、幼児語化されたチェルフィッチュ/岡田利規の演劇を如何理解するか、『三月の5日間』を見ないで、

能の方法論による現代の殺生話としての金融と本懐を遂げられない女たちを通したフェミニズム

世阿弥が書いた『三道』という本があるんですよ。簡単に言うと、能はこうつくりなさい、ということが書いてあるハウツー本です。

能の物語のフォーマットで、満たされない魂としての幽霊が主人公だ、これってポリティカルなものをつくるのにすごく適したフォーマットですよね。現代において、満たされない思いを持ったまま死んだ魂はいるかと考えると、そんなのどこにだっている。そして人の魂が満たされない理由っていうのはほとんどの場合、社会的な問題が原因ですから、つまり、それを描くことは自然とソーシャルに、ポリティカルになる。

能が、ライブミュージックと一緒にやる演劇だというのも大事ですね。ミュージシャンと役者が同等のプレゼンスで舞台上にいて上演が行われる。これもすごくおもしろいことだと思ってます。

「NŌ THEATER」ではふたつの能が上演されます。ひとつは金融の話。投資銀行のトレーダーだった男がシテです。もうひとつはフェミニズムの話で女性がシテです。それぞれ、オリジナルの能の謡曲のレファレンスがあります。金融のほうは殺生がテーマの、猟師が主人公の作品などを基にしてます。つまり罪の報いを受けて苦しむというコンセプトをほぼそのまま使ってるわけです。世界金融の果てしない貪欲さに置き換えてみたんです。フェミニズムの話のほうは、オリジナルの能にも女性であるが故に本懐を遂げられなかったというストーリーはあるんです。女武者の話とか、静御前の話とかね。

金融というテーマは、以前から労働問題や政権交代、通貨危機などとして描かれてきましたが、フェミニズムという切り口は初めてな気がします。そのふたつはどこから出てきたのでしょうか。

僕の中で、今この日本の社会がゆっくり自殺してるっていうイメージがあるんですよね。死なないためになにか手を打たなきゃいけないはずなのに何もできないでいる。そのことを経済と政治、ふたつの側面から見たひとつのパッケージとして上演しようというのがこのプロダクションのコンセプトです。

「社会がゆっくり自殺している」というイメージは、震災後の感覚と捉えていいですか?

僕にとってはそうですね。

『三月の5日間』のリクリエーションを若いおもしろい役者と行う、というだけのものにするつもりはないんです。野心を持った若い人に、クリエーションの過程もそうだし、その先のツアーを含めて経験してもらって、考えてもらう。きっと意味のある経験になると思う。その後どうするかは自由、チェルフィッチュをやらなくても、役者を続けなくてもいい。だからこそ野心を重視してるんです。

僕たちは“内戦状態”にある。その未来は絶望的か、希望のありかはどこか。

2020年の東京オリンピック以降は日本でできる仕事なんてなくなる。

「明るく開ける可能性がある」の主語は何かといったらそれは常識的に言って「日本」ですよね。「日本」という主語で考えたくない時、考える必要ないじゃんって思う時ってのがあるわけです。明るくなる可能性ないと思ってるし。その未来は暗いし。でもそれは私やあなた個人の未来が暗くなることでは必ずしもない。あなたの未来が明るくなることはあり得る、それはあなた次第だから。そうは言ってももちろん国の力はとても大きくて、プラクティカルに言えば税金を払って行政サービスやインフラを使ってる、そうしないとゴミ収集車も来なくなってしまうわけで、そのレベルで国と個人は一蓮托生ですけどね。それでも国と個人を切り離して考えることはできる。そういうふうに考えることのできてしまう人がいる。一方でそういうふうに考えない人がいる。その両者のあいだで内戦がくりひろげられてる。

チェーホフの『桜の園』がありました。『桜の園』は、震災後に読んだ時は福島の話だと思ったんですよ。ある土地を出ていかなければいけない、という話ですから。でも、この間観たときはトランプの時代が来た、という話に見えた。これまで揺るぎなく信じていられた価値観がいきなりぐらぐらしてきた。それに対してあなたはどう対応する?そういう話に見えたわけ。これって超基本的な演劇の、あるいはフィクションの力ですよね。

纏めると、

①鮫の脳(父性)、

②鼠の脳(母性)、

③人の脳(知性)

が芸術や科学やビジネスの世界で如何発展して来たか。

①鮫の脳は発展していないのか、

②鼠の脳も進化していないのか。

③人は動作に置いて何か道具を得たのか。

そこで、説明する衝撃は演劇と言うフィクション・物語にあり。

でもね、突破する実務って、演劇だって①鮫の脳(父性)を発揮しているに過ぎないし。

金融庁や検察庁はウイルス全摘出までは②鼠の脳(母性)でみずほ銀行を見守っているに過ぎないし、5年間ってチョットアホ臭いがまあ内戦なのでしょう。

私は、これから半年掛けて、③人の脳(知性)を道具であるスマホアプリのアーキテクチャーに求めたいね。

日本の未来を予言するなら、実務を身に付けろ、失敗を人より多くする社会を作れ、簡単だろう、小さな役割分担をすればよい。カシオの電子辞書の宣伝が好きだ、つい、買いたい衝動を抑えている、一日5分使うだけで良い。そしてテレビのリモコンの失敗に学べ、なぜ、日本人はリモコンのアーキテクチャーを作れなかったのか、スマフォに赤外線機能を付加して全機種をサポートしろ、G5は25000件のプロットコールをサポートする時代だ。まだまだ、世代は続く。国土の範囲で牛肉を蹴散らせ、チーズを作りだせ、大して難しくはないだろう。生活・仕事・遊び・対話・不足を上手に論じろ。大して難しくないだろう。違うかい。

さて三層を論じて置く。

さて、現在のセルフデベートとして一層から三層まで与えられた評価項目に少しの目盛りを書き出して置く。

(高いレベル)
(メビウスの帯を歩いて居る気持ちで、反対軸を書き出し対角線で上下右左を書くと)
(今日のゴールを素朴に演出気分で書く。時間軸で仕事より楽しい裏表の世界)
①一層課題応答度:⇒最終課題の準備稿として、その冒頭部分。
①二層課題応答度:⇒みずほ銀行の奢りに、じっくり絶えて一審二審と言う動かぬ証拠の判決文を出した。裏は時間軸でしかない。⇒検察庁に挑む
①三層課題応答度:⇒案外、仕事としては。
それに応えているか。⇒勿論。⇒本質は捉えた。
②一層論理性:⇒これは6時間で書いた。読み直しが時間が掛かる。
②二層論理性:⇒実務・IT常識技術・マネージメントセンス(上から下から横から縦から飛び越えたところから)・・。
②三層論理性:⇒矛盾としたほうが、安心する。残りの人生は、政治・経済を生活・仕事・遊び・対話・不足から時間軸で記述したい。
③一層客観性:⇒心の中はクール、文はうふ。狙いはある。
③二層客観性:⇒ウイルス全摘出が成功するか。⇒町田ではATM還付詐欺が数件。
③三層客観性:⇒民事訴訟を起こした、刑事訴訟と国体の甘さを指摘する。
コンピュータープロの腕は証拠記述だけ。反証だけ。シスプロの世界にはいる。司法は如何受けるか知らない。
⇒実務とは客観性だけだろう。人集団が変わるか、人集団は感情が最優先で動く。ワニの脳、ネズミの脳、人の脳が、三層に乗って居て意識は左右でモニターしている。
④一層新規性:⇒初回から日本列島で生きてる人集団全体を1個だけ選んで居る。
新規な議論。⇒これからだ。これは揉める。シスプロ界は冷めている。
④二層新規性:⇒不足を洗い出す。⇒日本人とか、日本とかを論じたい。2年前千代田区長選挙に4人目の準備で考えた。2年前のコトだが新鮮だ。
④三層新規性:⇒上告文は書いた。東京都公安委員会委員長宛に再度だす。
⇒ハッキングは主要テーマだ。4人の判事と付き合ったが、民事では判事偽証も許される、刑事告訴をじっくり狙う。おまわりさん、と話す機会が2度あった。銀行が警察を呼んだ。熟練のおまわりさんは、ATM被害者に如何聞けばよいと聞いて呉れた。銀行コードを入れましたか、と聞けば良い。入れていないなら銀行員が犯人だ。3度目は判事の偽証も伝えた。
⑤一層叙述力:⇒レトリックはメモにあり、パラグラフのバランスは考えていない。
⑤二層叙述力:⇒人間理解以上のモノはない。哲学とも呼びたい。
⑤三層叙述力:⇒みずほ銀行は許せない、業界も問題でもある。日本ATMが頑張った。みずほも始めた。大変な回数の臨時停止スケジュールだ。上手く行くコトを願う。
独立した読み物⇒これは狙う。星新一賞だ。なぜ、ATMで振り込んだのか、星新一センス・ショートコントで表現した。寧ろ、刑事告発で、誰を告発するか、手順を変えた。
第一層では(高いレベル)
①課題応答度:講師の出題意図を適切に解読し、⇒
それに応えているか。⇒
また実作者ゲストの場合、講師の作品をきちんと扱っているか。⇒
②論理性:文章の内部で整合性が取れており、⇒
矛盾の無い議論を展開できているか。⇒
③客観性:批評文が対象と持つべき距離を保ち、⇒
客観的な記述ができているか。⇒
④新規性:対象の組み合わせや援用する文章などに工夫があり、⇒
新規な議論を行うことができているか。⇒
⑤叙述力:文章自体にレトリックや展開があり、⇒
独立した読み物としての鑑賞に耐えうるか。⇒
第二層では(メビウスの帯を歩いて居る気持ちで、反対軸を書き出し対角線で上下右左を書くと)
①課題応答度:講師の出題意図を適切に解読し、⇒
それに応えているか。⇒
また実作者ゲストの場合、講師の作品をきちんと扱っているか。⇒
②論理性:文章の内部で整合性が取れており、⇒
矛盾の無い議論を展開できているか。⇒
③客観性:批評文が対象と持つべき距離を保ち、⇒。
客観的な記述ができているか。⇒
④新規性:対象の組み合わせや援用する文章などに工夫があり、⇒
新規な議論を行うことができているか。⇒
⑤叙述力:文章自体にレトリックや展開があり、⇒
独立した読み物としての鑑賞に耐えうるか。⇒
第三層では(今日のゴールを素朴に演出気分で書く。時間軸で仕事より楽しい裏表の世界)
①課題応答度:講師の出題意図を適切に解読し、⇒
それに応えているか。⇒
また実作者ゲストの場合、講師の作品をきちんと扱っているか。⇒
②論理性:文章の内部で整合性が取れており、⇒
矛盾の無い議論を展開できているか。⇒
③客観性:批評文が対象と持つべき距離を保ち、⇒
客観的な記述ができているか。⇒
④新規性:対象の組み合わせや援用する文章などに工夫があり、⇒
新規な議論を行うことができているか。⇒
⑤叙述力:文章自体にレトリックや展開があり、⇒
独立した読み物としての鑑賞に耐えうるか。⇒

文字数:7988

課題提出者一覧