印刷

ボタンの平成と倫理の社会

≪課題の背景≫

ポップカルチャーとは、ひとくちにいえば、映画やポピュラー音楽、アニメやマンガやゲーム、テレビやインターネット、もろもろなんで良い、受容者として同時代の大衆が想定される文化です。この文化は、政治や社会の動向、その構成員の精神を反映した、分析的に語られる。

批評として商業的な需要がある。現代社会とか、世界情勢とか、日本とか、日本人、現代人とかの中の特徴的な一部の層、東浩紀『動物化するポストモダン』(2001)は、高く評価された。

≪課題文≫

「平成年間(1989~2020)のポップカルチャーで、時代の、人々や社会の、あり方がよく描かれている事象を一つ選び、論じる。文字数は4000字から8000字」

≪条件≫

ポップカルチャー批評は、ペダンティックな、ハイブローな、批評で読者を得る。文章は基本的に読者を求めます。

①事象について、全く知らない、聞いたこともない、一般の読者が、事象の内容を十分に理解できる。

大衆文化であるから、よく知っている、世の誰しもが見知っている事象はなくなった。「知らない人」のために未知の人に、その文化を伝える。

②事象こそが平成年間を語る。事象でなければならない。批評は読者の価値観を変えて、波及的には社会に影響を及ぼす、説得する。反論を仕込んでおく。事象こそ典型的である。論理展開の魅力、「事象じゃなくてもいいのか」を忘れさせる強い説得力を持たせる。

③愛情から距離をとる。強く人を惹きつけます。「事象が好きだから」以上に、平成という区切られた時代です。退屈です。

≪ヒント≫

課題のキモに素直に答える形で安易な逆張り、より突っ込んだヒントです。

①について。よく知っている人と、全く知らない人の両方、多数、に届ける。

②について。事象のこととか、愛情だけでなく、平成という時代か考えて、理論を接合したオリジナルな価値観の提示、事象を語る。グローバルな状況について語る。

③について。事象をポップカルチャー、「ポップカルチャーを批評的に取り込んだハイカルチャー」掘り下げにこだわり、何らかの愛情に基づく。

さて、難しい平成再生批評文章を私なりにシンプルにとらえ直したので、コピペと言うより、第一弾の批評作業として、冒頭に載せる。

1989ー2018 大衆文化なら携帯からスマホの時代で、そこにあるのは大衆文化・安価道具・瞬時通信・簡単ボタン・社会倫理と論じて見たい。日本列島の人集団は全員スマフォを持たせるだけだろう。

3年程前からAIが後30年後に特異点を迎える。え、では平成後27年後か、と精密さを誇っても滑稽だが、将棋ソフトが出て来たのが平成前半とすると、既に、あの頃から大衆将棋フワンは特異点を迎え、全く勝てない事象を受け入れなればならなかった。

そして、一方、世界の貿易金額の10倍の金融市場が、ドル円相場を決め、不当なのか正当なのか、交換される事象が、1ドル86円辺りをウロウロして、カナダ航空で西海岸に着き、当時から中国人やアジアの受け入れが印象に残って居たが、円の凄さに、モノの価値が日本のモノとの違いに、安い旅行の筈が、妙にリッチな気分を夫婦で味わったコトを思い出す。今、中国人に占領された日本の街・旅館・観光施設を見るにつけ、当時の我が身を思い出す。田舎へ行けば行く程、日本人が珍しいのか、逆にカナダ人が貧しいのか、退職者の村を訪れる不思議を妙に経済格差を生活の質素さに感じたものだ。

さて、時は残すコト9ヶ月を割る8月に入り、最後の平成の夏も、妙な事象が起き始めた。中国の買った米国債が簡単ボタンの一押しで消える。え、互いに関税を25%掛け合う事態が、モノの動き、そしてカネの動きが一瞬に消える事態に、更に加えてヒトの動きを押さえる、米国の対中国ビデオhttps://www.youtube.com/watch?v=3igOtzg_xA8を見ると、怪訝な気分から、正気に戻る。米国は自国から始め、同盟国へ要求し始める。世界に2つのルールは要らない。

え、それは、グローバルリズムの終焉を意味するの、中国共産党が倒れるの、北の将軍様が南を征服するのを認めるの、そんな気分も9月に入れば、現れ出すのか。

そんなときに安倍晋三の総裁選が始まり、テレビ新聞雑誌週刊誌漫画アニメが如何対応して行くのか、文化人類学的、モノ・カネ・ヒトの動きが激流の様々な渦を巻き起こし、全国豪雨の実態と変わらぬ土砂崩れや床上浸水をあらゆる所で起こし始めるのか。

4ちゃん6ちゃん8ちゃん5ちゃんの昼間の番組が朝から夕方まで、繰り返し繰り返し、伝えるモリカケが、財務省スポーツ大学医療文科省とヒト集団の自治ルールを作れない日本人の何か本質を浮かび上がらせ、また、黒船が4艘現れたのかと対岸の火を眺めている。

ゲーム批評を読みながら、の作文で、1.5兆産業にまで発展したのか、意外性の応答がゲームの本質か、「ボタンの平成と倫理の社会」と表題を先に決めちゃえば、後は如何にでもなる。この直感から始めよう。

オヤ、ゲームコミニケーションを論じている。ボタン押下を気にしなくなった。任天堂は逆らっているのか。え、これがゲームの本質?

フリック操作(軽く打つ)スワイプ操作(大きく打つ)え、違いがあるの。スキャナーモード、暗視スコープ、隠し要素・ギミック、情報端末を使って辺りの様子を見ている。セカンドデスプレイを見るためにテレビ画面から眼を離す。二者択一の臨場感がある。

標準化を論じている。人集団にはデフォルト(デファクト)・ファクト・フォルス・フェイク・ファクトチェックがあると言いたのか。

オンラインゲーム・家庭用ソフト・家庭用ハードの売上推移が何を指すか、今後はどんな集計が意味を持つか、案外予想が出来る気分を読者へ商用価値として伝えれるか。

シリアスな出来事を手軽に易々と行うゲームらしさか。トリガーの軽さを意識するべきか。ボタンを押していることを忘れるのか。手軽なコミニケーションで殺せるのか。ボタンは両者に関係のない操作なのか。仲立ちをしているのか。仲立ちの忘却なのか。短絡なのか。倫理観の欠如か。交流が主眼なのか。コンピューターと人間を区別する必要はないのか。ウエットウエアとして扱えるのか。作業手順を変えたり環境を整えたりの方が有効なのか。ハッキングがその事例なのか。

オレオレ詐欺・振り込め詐欺もソフトウエアの防備が万全でも、ウエットウエアのセキュリテイーホールを突いている。え、表現が倒置を含んで難しいが、俺の場合は防備が不備どころかチョットプログラム順序を変えたトリックを見逃している、みずほ銀行のIT役員の仕事をしていても防げない仕事環境だと思うけどね。いきなりコマンドラインが現れ、少し待たされ、銀行コードを聞かれずいきなり、通常振込画面が現れたのですよ。これをワンストップ画面と言うと全国銀行協会の人に教えられた。

ゲーム中、相手をウエットウエアと捉えている。有無。コンプガチャ、リアルマネートレード、現実はゲームのようになった。両者は区別できない。物語と現実は線が引けない。ボタンを押すと反応するコトを再認識させる機能を与える。

何もしないで待つ。どの選択も選ばない。明確に待っていろ、と。え、理想。倫理が如何成り立つか。ボタンを押して反応を確かめる、ことを自覚させるコトがゲームの本質だ。え、そうなの。インターフェースの水準でもある。え、そうなの。社会とゲームの交差か。包摂するか。比喩でない実際に行われるべきか。感情・行動様式の変化・好循環・ウエットウエアの破壊を防ぐ・システムを維持、が要件・倫理となるのか。⇒ここの抜粋は、我がねらい目でもある。少し表現を変えれば、日本列島人集団へ適用できる。

さて、平成の原理を如何問うか、案外、何もして来なかった、8/14 産経の正論での堺屋太一の明察が全てか、倫理の社会は嫉妬の政治か。当たり、と言ってもしょうがない。

そろそろ、本論に入るか。携帯からスマホの時代で大衆文化・安価道具・瞬時通信・簡単ボタン・社会倫理と論じたか、不思議と論じている気分に浸っている。1935年生まれ83歳の堺屋太一。旧態依然としていて改革に及び腰で問題を先送りにする政府の無策を描き、徐々に衰退しつつある日本経済を克明に描く。国内の産業の空洞化、国際的な競争力の低下により貿易赤字に陥り、慢性的に円安で食料や原油等の資源の価格が高騰してそれに端を発したインフレにより名目GDPが伸びたことにより、一見財政危機は回避されたかに見えたが、少子高齢化による社会保険の負担の増大や受給額の減少は社会的に大きな問題になっており、政治には沈滞感、閉塞感が漂っている。と、述べてた平成三十年、と言う小説は1997年に読んだ記憶がある。インフレは起こっていない。金利はゼロに近い。社会保険は案外、上っているだろうが、私は理解できていない。医療保険の更新では確実に上がっている。もう、死亡保険は要らない。秋の総裁選挙は嫉妬の渦なのか。来年の参議院選挙はボロ負けなのか。別に自民党でなくても良いが、去年の衆議院選挙も野党のぼろ負けが、たった一人のリセットとの言葉で負けたとそろそろ総括しても遅い気はする。

ボタンを押しているが、気づいていない、その指摘が、緑の色に溢れた街が、一瞬で消えた。応答の設定が必要なのだろう。さて、現在のセルフデベートとして一層から三層まで与えられた評価項目に少しの目盛りを書き出して置く。

第一層では(高いレベル)
①課題応答度:講師の出題意図を適切に解読し、⇒適切 有無。
それに応えているか。⇒ 再生する批評か。
また実作者ゲストの場合、講師の作品をきちんと扱っているか。⇒ゲンロン8のボタンの原理とゲームの倫理、を一部抜粋した。
②論理性:文章の内部で整合性が取れており、⇒これは4時間で書いた。
矛盾の無い議論を展開できているか。⇒矛盾もないだろうね。
③客観性:批評文が対象と持つべき距離を保ち、⇒対象は8月の国際政治 まあ、怪しビデオを選んだ。
客観的な記述ができているか。⇒心の中はクール、文はうふ。まあ、批評は偽装は許されるそうだ。
④新規性:対象の組み合わせや援用する文章などに工夫があり、⇒人集団の本質的なテーマ、初回から日本列島で生きてる人集団を1個だけ選んで居る。
新規な議論を行うことができているか。⇒これからだね。
⑤叙述力:文章自体にレトリックや展開があり、⇒レトリックはメモにあり。
独立した読み物としての鑑賞に耐えうるか。⇒ここが勝負だが売れると意識してない。
第二層では(メビウスの帯を歩いて居る気持ちで、反対軸を書き出し対角線で上下右左を書くと)
①課題応答度:講師の出題意図を適切に解読し、⇒これは少し古いがコンピューターでオンラインを初めてお客で動かした。ボタンが沢山あって、良く落ちたものだった。
それに応えているか。⇒要件と言う言葉は面白い、法律では要件事実、産業では要件技術、プロジェクトでは要件定義。裏は時間軸でしかない。
また実作者ゲストの場合、講師の作品をきちんと扱っているか。⇒120-135ページを読みながら抜粋した。
②論理性:文章の内部で整合性が取れており、⇒まだ、取れないが、問題提起した。実務・IT常識・・・。
矛盾の無い議論を展開できているか。⇒既に事故が起きている。ここは半端で行く、実績が全てを証明する。
③客観性:批評文が対象と持つべき距離を保ち、⇒ここは狙い何処だね。IT常識とはウエットウエア。
客観的な記述ができているか。⇒その内できるよ。今回は切り口だけだ。
④新規性:対象の組み合わせや援用する文章などに工夫があり、⇒選択はある。要は不足を洗い出すことです。
新規な議論を行うことができているか。⇒準備中だ。日本人とか、日本とかを論じたい。
⑤叙述力:文章自体にレトリックや展開があり、⇒文字数との兼ね合いだろうね。
独立した読み物としての鑑賞に耐えうるか。⇒まだだね。人間理解以上のモノはない。哲学とも呼べるのか。
第三層では(今日のゴールを素朴に演出気分で書く。時間軸で仕事より楽しい裏表の世界)
①課題応答度:講師の出題意図を適切に解読し、⇒案外、仕事としては。
それに応えているか。⇒勿論。
また実作者ゲストの場合、講師の作品をきちんと扱っているか。⇒本質は捉えた。
②論理性:文章の内部で整合性が取れており、⇒こんなのあって間だろう。気分では気にしない。
矛盾の無い議論を展開できているか。⇒出来なきゃ出て来ないが、素人で居たいね。残りの人生が少ない。倫理と原理がコンピューターワールドで整合するとは、ゲームでもムリだ。所詮、矛盾としたほうが、安心する。実務とウエットウエアの極みを道付けるだけだろう。ボタンの数が色々な筋を生み出している。
③客観性:批評文が対象と持つべき距離を保ち、⇒これが出来なきゃ、民事訴訟を起こすか、刑事訴訟と国体の甘さを指摘する。流行らないか。ここは、圧倒勝ちを狙う。
客観的な記述ができているか。⇒これを狙う。実務とは客観性だけだろう。人集団が変わるかと言うテーマでもある。
④新規性:対象の組み合わせや援用する文章などに工夫があり、⇒文字数だろうね。実は、二審に負けて書きたくない。即、上告した。
新規な議論を行うことができているか。⇒知らない議論も多いだろうね。4人の判事と付き合ったが、気の毒なコトだらけだ。裁判コストを考えれば、彼らには革命を起こせと言う程度に困って居る。民事では偽証も許される、刑事告訴をじっくり狙うだけ。
⑤叙述力:文章自体にレトリックや展開があり、⇒みずほ銀行は許せないね。まあ、業界も問題でもある。ATMの運用会社の腐敗だろうが、まだ、何も記述していない。
独立した読み物としての鑑賞に耐えうるか。⇒これは狙う。星新一賞だ。うふ。9月は混んで来て無理だなあ。なぜ、ATMで振り込んだのか、ここを星新一センス・ショートコントで表現したい。時間がない、脳が回らない。でも、諦めない。民事は此処の記述しか、判事は判決文で書けない。ITの常識は、若い判事も2人居たが、彼らが前例判決を引っ繰り返せないだろう。ここを徹底的に書いたところで遠い。寧ろ、刑事告発で、誰を告発するか、手順を書き切っても良いが、まだ、時は熟さない。

文字数:5814

課題提出者一覧