印刷

自由にグイと拡張させるロール

依存症の患者は、ギャンブルの何に惹(ひ)かれるのだと思われますか?
理解し難いかもしれませんが、実は「徹底的に負けること」です。
負けて負けて負けて死に近いところまで行くこと。
それが、彼らの(無意識の)願望です。
そこまで追いこまれ、ぎりぎりのところで死から生に戻ってくる。

え、人生相談でこう答える人って、自分を語っている。1970年2月、起訴され8月まで東京拘置所で過ごす。その体験が原因で一種の失語症となり、書くことや読むことが思うようにいかなくなる。

この年の11月25日は三島が市ヶ谷で腹を切った。負けた側の徹底的に負けた、8月に拘置所を出て、暑い夏に何を考えたのだろう。片方はせっせと準備を怠らない。丁寧に沢山の人に手紙を書き意気揚々と準備を一つづつ積み上げていた三ヶ月を失語で生きて居るって如何いうコトって聞ける機会は、生首が新聞に載ったとき何を最初に考えたと聞ける機会でもある。

まあ、この批評再生塾のマナーやツールを知らず入った訳だが、高橋源一郎さんが来られるなら、是非、聞きたい。

観念に生き肉体に生き、全共闘の占拠する学園と占拠時間と比べて、バルコニーからの短いスピーチと反応の虚しさを胸に仕舞って、総監室での自決の生臭い時間の推移を同時代に生きた者として、馬鹿な奴、脳の回らない奴、生ある動物の危険な死願望の止められない行動力の源泉が何所から来たのか、誰を観客にして、コトに臨んだのか、

活動家として街頭デモなどに参加する日々を送り69年11月、学生運動に加わって凶器準備集合罪で逮捕された、4月入学から11月逮捕までの思考のプロセスは尾道では何を考え灘中では何を考え高校生としての無党派デモの深層心理の骨格は行動なのかイメージなのか、そして、詩を読み、小説を読み、肉体は無党派デモの何処に習慣性を見つけたのか、結局、人に影響を受けていたのか、人に影響を与えていたのか、大学生になって7ヶ月で逮捕とはリーダー格としてアジテーターとしても一流だっただろうが、一番気に行った文言は何か、絶えず変わっていたのか

東大全共闘と三島の討論を肉体は如何聞いていたのか、灘に居て直接の接点はないのか、4度の離婚歴と5度の結婚歴がある。子どもは5人。1人目の妻(1972年誕生)、2人目の妻(1973年誕生)頃って失語が強い影響の元で結果として受け入れていたのか、女が生活を支えて居ただろうが、三島の死への時間の起伏を、高橋源一郎は完璧に無視して生きていたか、特に殉死させた森田必勝(25歳)を許した、三島由紀夫を許せると感じたか、これは批評の問いになるか。

3人目の妻 (1985-1999) は谷川直子。女性作家の室井佑月と不倫関係になって谷川とは離婚。直後に再婚して4人目の妻(1999~2001)となった室井佑月との間には男児(2000年誕生)、高橋の不倫を機に離婚。2015年現在、5人目の妻 (2003- ) との間には男児2人(2004年、2006年誕生)がいる。極めて多産系の見上げた日本男児だが、その分、十分に稼げていたのか、さてこれは批評の問いになるか。

6/21 BSに出て居たようだが、何を喋ってたのか、記憶にない、徳川連合の失敗のイフをデベートしていた、早すぎた人達が安政の大獄で殺され続けた中の26歳の才能に光を当ててたが、さて、26歳の失語症の若者は、失意の中で何を考えて居たのか。

これらを前提に2冊の本を入手し読書感を批評的に書けるものか挑戦しよう。

図書館へ行くと10冊借りれた、手垢が付いて、人気がある作家であると理解できた。

鴎外と一葉の不倫の帯に釣られて、官能小説家の書き出しを読むが、村上龍がチョット出ていた。官能場面も探したくない、グッド・バイから読むか。鴎外・夏子・林太郎・桃水・一葉・漱石・逍遥、斜めに眺める、林太郎が完と書かずにグッド・バイ、で終わった。

地方資料に同姓同名が居たのは面白かった。正剛も自分の名前を立派と苦笑していたが、源一郎の少し感想を聞きたい。

比較対象に松岡正剛が居るが、革マルのアジテーター論客を派手に遣っていたと聞くが、親父が残した借金のために雑誌を始めるが、当然、色々と影響を、立ち直る過程で受けているはずだが、まず、若い時の正剛の科学者とのインタービュー記事を如何思って読んで居たのか、結構、本読みは秀でた奴のは、羨望と嫉妬で読むものか、同じ道を少し変えて読もうとするのか、当然、書くために読むので、何が書けたかは聞かない、何を読んだか、それも、たくさん聞くと聞かないコトと同じだから、正剛の何を読んだのか、そして、何が気に食わないと感じたか。

さて、銀貨鉄道の夜を読まんと何もできない。4万文字を超えるので草臥れる。

「ではみなさんは、そういうふうに川だと云いわれたり、乳の流れたあとだと云われたりしていたこのぼんやりと白いものがほんとうは何かご承知ですか。」先生は、黒板に吊つるした大きな黒い星座の図の、上から下へ白くけぶった銀河帯のようなところを指さしながら、みんなに問といをかけました。
カムパネルラが手をあげました。それから四五人手をあげました。ジョバンニも手をあげようとして、急いでそのままやめました。たしかにあれがみんな星だと、いつか雑誌で読んだのでしたが、このごろはジョバンニはまるで毎日教室でもねむく、本を読むひまも読む本もないので、なんだかどんなこともよくわからないという気持ちがするのでした。

「どうしたのかなあ。ぼくには一昨日おととい大へん元気な便りがあったんだが。今日あたりもう着くころなんだが。船が遅おくれたんだな。ジョバンニさん。あした放課後みなさんとうちへ遊びに来てくださいね。」

そう云いながら博士はまた川下の銀河のいっぱいにうつった方へじっと眼を送りました。

ジョバンニはもういろいろなことで胸がいっぱいでなんにも云えずに博士の前をはなれて早くお母さんに牛乳を持って行ってお父さんの帰ることを知らせようと思うともう一目散に河原を街の方へ走りました。

共産党綱領を上部構造がしっかりしている、え、と内田樹が書いていて、ダベッテいる本から始めるか。

『沈む日本を愛せますか?』『どんどん沈む日本をそれでも愛せますか?』(内田樹共著、2010・12年、ロッキング・オン) 8年前 アメリカ州になったらか
『ぼくらの民主主義なんだぜ』2015年 seals民主主義ってなんだ?
『これで日本は大丈夫 正義の見方2』(1995年) 1994 聖子とコギャル 一郎小沢 イチロー 1995 追憶の1995年 阪神大地震 地下鉄サリン野茂 ギャンブル好きにはまだある。テレビは見てやる。
『正義の見方 世の中がこんなにわかっていいかしら』(1994年)正義の刃 定義 意図 境界 感想は冗談 真面目と冗談の境界が大切 自身に刃を振るう。
『性交と恋愛にまつわるいくつかの物語』(2005年) 唯物論者の恋 既に起こって、元に戻らないのだ。
『ジョン・レノン対火星人』(1985年)差別用語を改めた。エピローグ 素晴らしい日本の戦争 赤いアンブレラ 赤いワンピース 赤いエナメル靴 拘置所に流行ったもの サインにジョン・レノン対火星人左2回右1回何を握るか。
『さようなら、ギャングたち』(1982年)エピローグ もっとナイスなもののある方へ のろのろと歩いた。ギャング?

これで7冊を拾ったが銀河鉄道の夜の最後の4行に似て居る。纏めるより、脳の冗談と真面目の原因をトレースしても、左程、意味を感じないが、読んで後の残る何かを狙っていると仮設すると成功しているとは言わないが、読まされた若者は行動的にはなれるだろうとは感じる。

銀河鉄道の彼方に 2013 6  少年は気付いた。特別の叡智によって居る。世界はある。もう一人の子供の手を強く握り締めて、ゆっくり歩きだした。

私の書くモノに興味がない若者が多いだろうが、ツイッターにコメントを貰ったので、1970、2005にコミニケーションスキルがないと言われたと伝えた、会社の人事政策の一つとして、一年間の業績を相談する場での話だ、1970/11/25は午後から始まった会議が3時間程過ぎ、丁寧だが、極めて強く内容で反撃し、点数の悪いマーケテイング教育の評価は受け入れて済ました。オフィスは会議室から出ると騒然としていた。何か興奮が渦巻いて、5時36分の就業時間をキッチリ終わって帰って行く中でか、オフィスの誰かにか、市ヶ谷の自決を聞いた記憶がある。

当時は、赤羽の岩淵2丁目の三畳に住んで居たから、酒でもひっかけたか、年末までの憂さ晴らしは、神田の「姫」で店の中でバイトしたりしていた。銀座の『姫』と全く関係のない、着物良く似合うママが、心の鬱積を拾って呉れたのかも知れない。

まだ、批評文に対応しきれていない人には、まあ、対象に似た人を2~3人選んで、多少のロジックを忍ばせ、自分のコトを上手に書くと4000字なって時間が解決するサンプルを示せただろうか。こんなに楽しいゲームは、古希+1には参加できて良かった。ツイッター・フェースブックは少しづつ戦略を薄く広げ、この13年の期間はいつ死んでもと、駄文を約20か所のサイトに載せているが、コピペ創造で、内容は他愛ないが、時間を遣り過ごすには最適だった。

小説のジャンルを変えて行くセンスは分かる。ツールをもう少し発展させて、もう少し人間関係主義を時間軸で、顔の見える範囲で、ルールを作り、自由にグイと拡張させるロールを創り上げる時代だろう。

誰でも、自分を語れる、そして良いね、質が高いね、量が足りないね、そう言えば、品が不足だよ、顔を見られて言われる時代だよ。離れても、時間がズレても、問いは推敲される、問いは精練される、問いは、そして結晶化するね。

文字数:3983

課題提出者一覧