印刷

憲法理念スマホアプリのアーキテクチャー(整正美化、伝わらない言葉)

課題)

「3点のセレクトによってあなたの考える文学を批評的に表現してください」
文学の外延の拡張を試みる 文芸批評のミッション 全体性を思考する

現時点で論じてみたい作品を自己紹介がてら3点

テクノロジーの劇的な進化は知の構造を根底からまるっきり組み替え、
成立する条件やフレームの点検作業をとおして足場を組みなおす、
性急なアップグレードでもリバイバルでもなく、
じっくりリハビリテーションからはじめる、
連続性が透かし見えるよう配列、
リハビリの作業工程を疑似体験、
対話パートのリズム

『教養主義のリハビリテーション』全体性を思考する、
「いま見えている全体はニセの全体かもしれないよ」

文学の全体性の提示 現時点で論じてみたい作品を自己紹介がてら3点

1)AIがエンジニアリング全般や経済学、
最先端は時間の経過とともにたちまち先端ではない、の罠がある。
2)古今東西、
時間と空間を自由自在に往還し眼を眩まさんばかりにくり出される
固有名や引用の数々は、
〝教養ある話〟を体現し、
対象と語り口が、
読む人間を限定しての自己循環、
の罠である。
1)2)の罠が時間の浪費? どこまでも遅い。
ヒントは詰まっているが、期待したアンサーはない。

ルール、《文学作品を3点えらび、 1点につき700~800字で論評せよ。

それぞれに小タイトルも付すこと。序・ツール・自裁・象徴・殺す・結・添付。

3つの短い批評文(あるいは書評)がならぶ以外には何も付け加えてはならない。
→え、序・ツール・結・添付は邪魔かな、それに1点でなく3点併記主義だ。
さて。それと、6775文字数だ。

解答)

題  憲法理念スマホアプリのアーキテクチャー(整正美化、伝わらない言葉)


すべての人集団の生活、仕事、遊び、対話、不足、を適時適当に選択して、人集団のルール・ロール・ツールを論じたい。
当面、日本列島の人集団一個を選び、大衆・庶民・個人の側面を論じたい。
この辺は5年前から4年前に掛けてネット塾松岡正剛の守・破コースで得た知識の再利用です。1676夜回の千夜千冊とwikiが私のコピペ源である。

2つ歳上の松岡正剛の最初の半分の夜の文体が嫌い、で、全部コピペしてサマリーしたが、全く脳に残っていないが、3Aなどは好みだ。
「アナロジー、アブダクション、アフォーダンス」だが、アナロジー類似性・「アブダクションは説明的な仮説を形成する過程である、新しいアイディア(観念)を導く唯一の論理的操作である、帰納はひとつの値を決めるにすぎず、演繹はまったくの仮説の当然の帰結を生むだけである」・ありとあらゆるものにアフォーダンスがある、アフォーダンスは、経験によってさまざまに深化する、アフォーダンス理論で「マイクロスリップ」とよばれている興味深い動作変更の手続きがある。

たとえばサラダを挟む用具を初めて持とうとしたとき、うまくその用具が扱えないと、ただちにそれを指先の動きによって持ち変える。誰もがしていることだ。自動販売機にコインを入れようとして入りにくければ、すぐにコインを持つ角度を変える。これがマイクロスリップで、すでに研究者によって「躊躇タイプ」「軌道変化タイプ」「接触タイプ」「手の変化タイプ」などに分類されている。(by 1079夜)

これらを経験的にするのは、トレーニングする必要を感じる。
その意味で守・破は優れたネットコースと感じて居た。
これも文学の生態系と見える。

自己紹介を兼ねて、私が、只今、抱えている、刑事告発と民事裁判です、まだ、町田警察署長から受理されて居らず、二審の判決は8/3です。極めて、文学でしょう。

合理的社会では無い要件のリストシナリオとなった。

(要件事実1) 全国銀行協会の塚原さんより、ワンストップ画面はATMではない、と聞いた。 銀行・支店・預金種類を入力せずに、犯人口座番号・金額・振込ボタンをワンストップ画面での 入力するコトはない。すべてのATM画面がそうデザインされている。

(要件事実2) ATM設置運用管理部門は、ATMを遠隔操作してネットワーク管理をしている。無人ATM店舗を再起動コマンドで立ち上げて居る。私には常識だ。塚原さんの言葉で始めて社会的確認が出来た。

(要件事実3) 私は昨年11月15日にみずほ銀行の玉川学園前 無人ATMで2台ある右側で、カードを差し込むと、三菱UFJ銀行の残高をIPHONEに読み上げ させられたら、急に、コマンドラインが表示された。そして暫くするとワンストップ画面が表示され、銀行・支店・預金種類を入力せずに、記号・ 暗号・振込ボタンのようなものをタッチさせられた。

(要件事実4) みずほ銀行はATM還付詐欺が報告されたら、ワンストップ画面か如何か、被害者対応を設計して居ない。

(要件事実5)社会インフラATMを激変したい。銀行員は何も聞かず、刑事はATMワンストップ画面か聞かず、 裁判官はワンストップ画面でない入力をしたと嘘を書く、(一審) それをみずほ銀行は強く支持する、え。 (二審の答弁書)

(要件事実6) 何故、彼らは変われないのか。公職であると、遵守規範が、脳に浮んで居るコトが手に取る様に分かる。

(要件事実7) 全国銀行協会がネットワークの穴を知って居ない。全ての銀行でワンストップATM還付詐欺が 有った時は、銀行・支店・預金種類を入力せずに騙された、事実が起きたら、如何ガイドするべきか。簡単に言うと銀行員の仲間に犯人は居ないと言う建前で生きて居る。でも、同じ職場なら、絶対に疑って居るが、肝心な時は、簡単に行動できないコトが手に取るように分かった。

以上を前提で、人の行為を操作・作業・仕事と論じたくて困る。

沢山の仕事が現代的にプロジェクトと呼ばれて人集団の中で時間軸に様々な制約と展開を種々様々に、その結果があり報告されて観察されていると見える。

そういった社会・経済・政治・軍事をより断片から切り落とす一面が文学の作品であり、ネットならコンテントであり、文字数・頁数・章・段落・文脈・・等々に分解されるが、キーワード集と呼んでも良いのか。

ツール、
まず、番外点として、トランプ、落合陽一、東浩紀のツイッターを上げて、これを文学と論じたい、それ以外のネットツールをルールとロールの視点からドラステイックに変わり得るか、実務デール主義・魔法文明主義・批評デッカイ主義の文学的視覚・死角・刺客を別の機会に論じたい。ビジネスが裏づけられてこそ、生き延びるだろうから。

自裁、
第一点は芥川の羅生門・太宰のきりぎりす・三島の『英霊の聲』、自裁の人達の観察視点が興味深い。

下人は芥川その者だろう、心揺れを緊張ある文体で一気に書き切った。画家の新妻の思い出から入魂させる強い太宰の観察眼が心の在りように深く潜り込む太宰の姿勢が、一人称の迫力に文体の読み易さが更に光る。

11歳の時の二・二六事件と20歳の敗戦で〈神の死〉を体感した三島の〈連続性の根拠と、論理的一貫性の根拠〉か、私のお袋と同学年遅生まれ早生まれの違いか、「英霊の声」を書いた時から、生々してきちゃったのですよ、人がなんと言おうと、自分が生々していればいいのですからね、あれはおそらく一つの小さな自己革命だったのでしょう、とてもよかった。

今日6/9市立図書館で借りて読んだ、書いてない、書き切れてない、書けないだけだ。観念で具体的行為を知らない、実に当たり前のコトだ。読感が不愉快なだけだ。神は居る、神は来る、神は立つ、神は去る、で十分だ。漢語文調は不揃えすら感じる。

でも、3人共に、自裁の割に、一人では死なないのが不思議、生命体としての覚悟ではなかった、と書かない。それが、文学。平岡 梓、三島の親父が当時の諸君と言う雑誌にクドクド書き綴るのは、読むコトが楽しかった。なぜか、息子の悲劇を癒している文が読めた、私自身の倒錯観なのか、その日頃感が良かった、一つの文学とも主張したい。

象徴、
第二点は、ゲンロン8の海猫沢めろんのデスクロニアの鳩時計、宮沢賢治の風の又三郎、小林よしのりの天皇論 死後の復活した人、風に現れた人、2600年以上の系図が派っきりしている人、の主観が如何揺れるのか、深い。

シンボルを演じている物語、一人は現実の日本人、人の思い、人集団の思い、プロジェクト集団の思いをシンボルとして演じるロール・役割とは何か、時間軸で引き継がれるコトなのか、そこに横たわるルールは何か、そこに書き手の文学・ツールとしての思いが反映されている。正剛の言葉を借りれば、日本版スタンドバイミー、とは言い得て妙、風の中に通り過ぎる子供達のときにヒーロー、を子供達から見える物語に、通り過ぎるシンボルの心の中にも見える。

システムエンジニアとはSEと省略するが、私の23-39歳までの体験はシンボルエンジニアリング、サンプルエンジニアリング、シンプルエンジニアリングであった。案外、文学的でしょう。肉体はボロボロ90分の土日テニスで立って終わったコトはなかった。今、4時間半・3時間・1時間半を毎日楽しむ、外科手術・ステント設置手術5回の13年が過ぎたばっかりだ。コーチも驚く体力だが、狭心症であり気管支炎は6か月が過ぎた。これも文学を論じたくなる。

殺す、
第三点は、佐藤優の『サバイバル宗教論』、十七条の憲法、ゲンロン0、対比したい。

先に述べた、破のコースでの書籍紹介で少し長いが自己紹介も少しある。コメントには、段落と段落、文と文の関係づけに推敲の余地あり、メッセージの組み立てを工夫せよ。思考素なんて、考えていないから面白かった。

十七条の憲法は実務的で面白い、憲法理念スマホアプリのアーキテクチャーの源泉と見直して見たい。この列島の人集団はこのアプリを使い倒す実務アプローチが、徹底的に簡素化されると、デベートの機会が増えて、大衆のレベルが向上し、庶民は生活を楽しみ、個人は何かの生命体の使命感が湧き上がって来ると感じる。そこには自由さを補う感性として誤配を生み出すだろう。真善美富健正、の時代の憲法観だと想定して居る。

ゲンロン0は、読み方が良かった。批評は大きなコトが出来る。え、そこで、ドストエフスキーから読んだ、親のロールを捨てていた我が人生に直接来た。偶然の子にツールを与えたい。そしてルールを詳しく教えることは時間軸でステップバイステップだ。

不気味なモノ、コンピューターの実態は私の事件ではど真ん中のテーマだ、私個人はコンピューターの内部は実にシンプルで簡素な体験しかない、操作・作業・仕事の哲学アプローチを提案したい。システムエンジニアの34年3ヶ月の体験をロールとして伝えたい。多分、永久に変わらないルールがあり、ツールがそれを体験させて呉れると直観する。イメージとシンボルの掘り下げが少しある気がする。

最初に誤配がある家族か、この辺で見通しが見えた、マルチチュードが少しピンと来なかった。二層構造ってスーと来た。政治とその外部、ここは今後28年間の人生活動宣言をしたいものだ。二次創作は無意識がテーマか。そして観光客、旅人は生活・仕事・遊び・対話・不足を眺める人達だろ。忘れている、もう一度読み返して、参加する。

ある時代の社会や人々の生産する知識のあり方を特定付け、影響を与える、知の「枠組」エピステーメーは、超現代の日本社会を蝕んでいる。人の思考はそれが持つ思考体系、メタ知識構造に従う構造主義的見解、ある時代の社会を支配する「エピステーメー」から解放されるには「エピステーメー」の破壊でしか解決しない。

そして生み出すコトだ。チョットした知の枠組み、それを誤配させるのは、ツールに働かせて、自然に、障害を感じずにあるいは上手に障害を回避して、ルールやロールを時間軸で明確に変える個人が顕れ、庶民が受け入れ、大衆が行動する、しっかりと工夫された、誤配を生み続けるだけのコトだ。その動きが大きなコトになる。

表象文化論 歴史と作品 無意識 世界観・学問観 コンピューターの平面 イメージとシンボル 記号と構造 意図と狙い 仕掛け 特異点 時代の無意識 社会と哲学 過視性と超平面性 記号の条件 技術と文化 熟議とインターフェイスする これらのキーワードを文学と私の脳は、含み切れたか。

誤配から連想するのは、ケインズ理論だ、美人投票は、人が誰を好むかで、自分が誰を好むかではない。そこに、投資の本質が顕れる。人集団社会では、大きなコトとは、それを指す、と理解した。

西洋坊主が禅寺坊主に説教する。何を物語るか。同志社神学部大学院卒の佐藤優は臨済宗相国寺派の僧侶と対談した。先に松岡正剛が講演していることを紹介し、言挙げを尽くすコトで残る日本思想を述べ、日本もイギリスもイスラエルも非常に近い憲法観だと論じる。

二つの世界大戦を31年戦争と呼ぶ提案は少し深めたい。現代世界史に昨日までを論じるセンスって心がワクワクする。外交官としてインテリジェンスを経験し物書きに転じユニークさは好ましく冴えたアジテーターでもある。

国際情勢を見るとき神学的な見方は非常に役に立つという、宗教の機能を順に説いて行く。特に無関心を説明する。無関心に基づく寛容を説き仏教は無神論と親和的と指摘する。

科学の考え方はキリスト教から見ると魔術と一緒で、宗教は必ず物語の形で語られる。言葉文字は現代産業社会を作ったが、中間団体として幾つもあることが尊いと論じ、束ねられることを嫌う宗教団体こそ尊いと論じる。

米国の啓蒙主義とヨーロッパのロマン主義を鮮明に比較する。キリストをチェコ化したフロマトーカの実践的な生き方は、佐藤優が憧れた、キリストを土着化させた偉大な業績だ。

死を越え現代産業社会の矛盾を救う。人を殺す宗教論を自然視する緊張した生き方を示してる。佐藤優は「顔が見える範囲で関係を大切にしよう」と仏教教団の機能を期待して、様々なキーワードで民主主義を守ると論じる。

私は浄土真宗親鸞、幼稚園はカソリックだ。十字架を切るコトは自然に身に付いている。祭壇の下にキリストの骨がある物語は拒否だ。

後ろから忍び寄る死を意識する歳の私には新鮮なウクライナ・北方領土問題とも映る。プーチンを心服させる物語がある。北方4島で日本人が如何、露西亜人と具体的に住むのか。

プーチンが拒否できない物語を佐藤優は考えている。先延ばすな。と云いたい。一つ一つをじっくり読むと、発想を逆転するスリルがある。設計図である、大きな物語が見える。

6/12トランプが後は宜しくって、さあ、米国に気兼ねなく、北と向える。大きな物語が作れるよ。安倍晋三の真価が見せれる。日本刀の時代に種子島が届いた。すると世界の中で、一番種子島を持ってる領主が多く集う列島になった。

コンピューターが入って来た頃は全産業が高いコンピューターをヒドイ努力で導入した、銀行然り、鉄然り、自動車然り、建築然り、電気然り、機械然り、電力然り、メデイア然り、病院然り、大学然り、新聞然り、官庁にオフィスソフトが入ると、種子島が消えていったように、急にコンピューターが真剣に考えられなくなった。

飛行機を作れなかった日本、コンピューターもユビキタスで消えた日本、魔法だ、不気味なものだ、と妙に不思議な若い世代の言い分の日本、言挙げを尽くし、神に身を清め、導眠剤を飲まず、一日4時間半のテニスで大きな修行に耐え、一講目のテニスレッスンを終わり、風呂上がりに、狙われた我が頭脳のハッキリした蒙昧さをあげつらって、日本を論じたいものだ。

結、
憲法理念スマフォアプリを企画して、刑事さん・お巡りさん・弁護士さんに持たせたい。そして毎日の実務をして居る普通の人が使って、便利になるツールに発展させたい。大きな大きな物語が必要だろう。

2歳の犀川での迷子から赤羽での大道将棋まで、お巡りさんは経験的に非常に大切です。公務員を大事にしましょう。唯、ポジテイブリストから外れると大変です。

現代は、超ゲーム時代グーグルAIは学習時間が囲碁8時間、チェス6時間、将棋4時間とニュースで見た、そして超事務処理時代、AIを使い倒したい、誰が保証して呉れるの、奇妙なものですか、不気味なものですか、魔法に感じますか。

シンプルで、いつも同じ使い勝手で、納得できる範囲なって、明確に表示して呉れますよ。テスト期間に活躍できるなら、大丈夫ですよ。このワードプレスがそうでしょう。

そうです。一度体験すると同じコトが起きるのです。マイクロスリップが簡単に起きるのです。ネガテイブリストから離れてマイクロスリップしましょう。

細胞は平等・脳は自由・身体は自然、人は人間関係主義が、徹底的に生き残るだけ、
−1歳〜9歳までは動物、
10歳〜39歳までは自由経験時代、
40歳〜69歳まではズルと経験と保守と企画でしかない、
70歳〜自裁までは、自然に溶け込むしかない、
私の脳が動くなら企画の何かを起こしたい。

漸次主義、ズル・経験・保守・企画(投資)は狙い所だらけ。さて、如何する。これが、私の文学感。トリックも含めて。

 

パースが称える創造のプロセス by 1566夜 
添付、 余計な想像 操作・アナロジー、作業・アブダクション、仕事・アフォーダンス、部分と全体と入り子で。
還付金等詐欺による預金等の振込認知件数・被害総額
期間 件数 金額
平成25年 1,817件 16億8,799万円
平成26年 1,928件 19億9,165万円
平成27年 2,376件 25億4,599万円
平成28年 3,682件 42億6,023万円
平成29年 3,137件 35億8,542万円
警察庁『特殊詐欺の認知・検挙状況等について(平成30年1月~2月)』のうち「還付金等詐欺」より
憲法理念スマフォアプリの設計手順
①全ての生活・仕事・遊び・対話・不足を問で記述し尽くす。
②社会・経済・政治・軍事を上の問で記述し尽くすかチェックする。
③条件ブランチ・移動・計算のメモリー操作(命令)で記述できる。
④とれだけの構造とルーチンが必要か、時間軸でフェーズ化するか、繰り返す間違いの収束と実現性を確かめれるか確認する。
①②③④が脳の動きと変わらんだろうって、誰も受け取れないだろうが、書いて置く、マイクロスリップアーキテクチャー。
https://www.youtube.com/watch?v=Ib84bVZCOIk 今朝、偶然、開いた。面白い。
批判vs批評、案外、批評って、知らないなあ、小林秀雄も、批評だった。
今日6/14のレクチャーを感じるなら、whatを追求しろ、whyでも、howでもない、人間関係は、顔が見える範囲では、言葉で仕ぐさで、もっと言うなら言葉で心を動かしなさい。トランプ・落合陽一・東浩紀、ツイッターで見てるぞう!
突っ込みを入れるなら最後の15分はWhatの繰り返し、効果を上げるために、WHYやHOWを混ぜないと、試験問題と正解・非正解を具体的に伝えないと、脳が動かない、感情は丁寧に伝わった、だから時間まで延ばせれた。
非国民だ、テントが立てられないも良いが、もうちょっと、タフさを持って、実務事務能力を高めるコトだ。まだ、4回目だ。ゆっくりだ。まあ、饒舌も少し理解出来て楽しかった。
まあ、何回も喋っているからメモると2頁程度だ。批評の良いとこか。
school.genron.co.jpの内容
選択された課題はまだ発表されていません。
                   ok
9/16現在だ。6/18 23:59が締め切りですよ。残して置く。公開ができない。
ok、押してこのコメントポップ画面を消して、入力を続ける。
多分、この程度のミスは見つけたら、直ぐに報告して、直せる社会には、相当な時間が掛かる。
まあ、私の批評はこれがテーマだろう。良い事例が見せられた。
・新幹線殺略
・29歳の女性ドライバー押し込み殺人
・金正男氏クアラルンプール国際空港猛毒のVXガス事件
これらと較べると小さいが16・17 ・18のいつで修正するか興味深い。
ここに、憲法理念スマフォアプリの狙いがある。

文字数:8105

課題提出者一覧