印刷

ムラムラしていて困っちゃう

2011年3月11日。どんと突き上げる衝撃を受けた後、グラグラと大きく揺さぶられる。床はうねうねと歪んでいる。宮城県沖を震源とするM9の地震は遠く離れた横浜のビルを揺らしていた。揺れが収まり、窓辺から横浜中華街を臨むと黒い煙が複数上がっている。川崎の方を臨むと工場地帯にある大きな煙突からも黒煙が上がっている。

「何が起きているのだろう」

と思った反面、

「とうとう起きたな」

とも思ったのである。

このような状況なので、退社しても構わないと現場の責任者から指示が出た。家族に電話で連絡すると無事だった。家もなんともなかったようである、そのことにほっと胸をなでおろす。でも、電車は止まっているから気をつけてとのこと。無理して帰らず、安全だと分かってから帰ってくるようにと電話口で言われた。家族から離れて一人だけ離れているのは、やはり心細いものだ。でも、電車で2時間半かかる通勤経路。到底歩ける距離ではない。そのまま会社で待機することにした。近くに住む人々は自宅へと帰っていった。

情報が全く入ってこない。何が起きているのだろう。それが分からなくてとても不安なのだ。iPhoneでYahooニュースを見ても地震があって大変になっていることしか分からない。

「Twitterを入れるかぁ」

mixiをやっているからそれで十分。不特定多数の意見が流れるTwitterなんていらないだろうと思っていた。でも、そんなことも言ってられない。この状況こそTwitterの本領発揮なのだ。必要に迫られて、とうとうアプリのインストールをする。そして電車と検索する。すると、いろんな人々のつぶやきが山のように流れてくる。東京都内の電車は全滅らしい。駅も人で溢れている。避難所の情報が当時副知事だった猪瀬直樹のアカウントから流れている。

「すごいなTwitter」

もっと早く使い始めれば良かったと軽く後悔した。

会社に一泊して、Twitterで電車を検索する。すると、鉄道会社の努力の結果、2駅前までどうにか辿り着けることが分かった。Twitter様々だ。その駅まで通勤ラッシュ以上のラッシュ状態でたどり着いた。その後は弟が車で迎えに来てくれたので、どうにか家に帰ることができた。

家に着いてまずテレビをつけた。そこに映し出されていた光景に目を疑った。海にまっすぐの白い線が引かれていた。その線が陸地に近づいていき、とうとう陸地に衝突。砕けた線は陸地に乗り上がり、田畑、家を飲み込んでいった。そして乗り上げていたものが引いていくと、そこには何もなくなっていた。人間の暮らしていた痕跡なんて初めからなかったように。そして画面は切り替わる。工場地帯では爆発が繰り返し起きたおり、火の海となっていた。そして福島第一原発では起きてはいけないことが起きてしまった。職場の近くにあるダイエーの前の道が地割れしている映像も流れていた。後に東日本大震災と言われる震災にこの時初めて大きなショックを受けたのである。

Twitterを見ていると、みんなは一つと呼びかけていた。だが、計画停電が発表されると状況が変わる。東京を除く関東圏の電力が一時的に停められる。自分にその影響が及ぶことに文句を言う人々が出てきた。それを福島の人が窘める。するとその言葉に対する批判が発生した。その批判を批判する。その繰り返しが尾ひれをつけてどんどんと広がっていった。その結果、福島、東京、その他の関東というように地方が地域、いやムラに分断されてしまった。

街から電気が消えた。新宿も渋谷も銀座もかつての華やかさはもはやなかった。そのような中、娯楽に対して電力を使うことを「不謹慎」と声高に叫ばれるようになる。映画館、劇場、球場、サッカー場。これらは閉められてしまった。テレビも娯楽番組を放送せず、

「楽しい仲間がぽぽぽぽーん」

と繰り返すばかりであった。

今まで積み上げてきた技術とそれに裏打ちされた安全はものの見事に打ち砕かれてしまった。福島第一原発は、未だに爆発の危険がある。生存を脅かされている。そのため精神的な余裕を持つことができない。その結果、放射性物質に対する感情的な反応、中国、韓国の反日行動に対する感情的な反応などが起き始めた。そしてそれらを批判する感情的な反応も起き始めた。感情の赴くまま、その感情を肯定する情報を集めていく。その結果、感情が信条へと固まっていく。その信条を同じくするものたちが集まってムラを作る。その信条から外れるものやムラを「敵」と見做し、苛烈な攻撃を加えていく。

日本はどんどんムラに分断されていく。正しい、間違っているは別として、

「なぜ、そのように考えるのか」

を考えることで、信条の違うムラや人を理解することもできるはず。「彼を知り己を知れば百戦殆うからず」と昔から言われているのに、彼を知る余裕がない。震災によって見失った己を知ることで精一杯。相手を思いやることなんてできやしない。そのような状態で「敵」と戦っていれば泥仕合となってしまうのが目に見えている。そのことが何とも悲しい。

このように悲しいと思っていても、Twitter上に溢れている感情に私も飲まれていってしまうのだ。

「何、許せんな。リツイート」

とやっている自分がいる。いつの間にか流れ着いてどこかのムラに無自覚に所属してしまっている自分がいる。そのことにまた悲しいと思ってしまう。

このような悲しみを劇団の範宙遊泳は表現しようとしていると思う。もともと範宙遊泳は、ある家の事実が映画監督の思惑で美談に仕立て上げられていく。そのことへの反発を描いた『うさ子のいえ』(2011.6)、生まれる前の存在たちがクソムシと言われるものたちによって蹂躙される夢の中の世界を冒険する『夢!サイケデリック!!』(2012.2)、サイケデリックな舞台稽古中の物語が現実との境界を崩していく『東京アメリカ』(再演2012.7)という作品を創ってきた。これらの作品には世の中への悪意が忍び込まされている。ハッハッハッと笑った後、その裏にあるものに気がついて、ヒヤリとするような観劇体験だった。

https://www.youtube.com/watch?v=ch3hUnPphWc

※うさ子のいえ

 

それが2012年の9月に東京芸術劇場主催で行われたオムニバス『東京福袋』で上演された『男と女とそれをみるもの(x?)の遊びと退屈とリアルタイム!暴力!暴力!暴力!』でガラリと変わる。スクリーンに映し出された文字によって舞台上の役者が演じる物語が支配されてしまう。その文字はそのことに飽きると希望を探す旅に出てしまうのだ。Googleで検索してたどり着いたのは、かつて「希望」という名の被災地の海岸沿いにあった店だった。それをストリートビューで見ると希望どころか何もない。震災によって怒りも含めて全てを失ってしまったことをまざまざと見せつけた。

そして2013年2月、新宿眼科画廊で『範宙遊泳展-幼女Xの人生で一番楽しい数時間』を上演。今では範宙遊泳の代表作となった『幼女X』は、世直しと称し木槌を持ち「敵」を求めて彷徨う男1と、姪を溺愛する働けども豊かにならない男2の物語である。

※TPAM in Yokohama 2014

『幼女X』には、色々なものが込められている。その中で男1が背負うものは、この世の中からの疎外感。最初は漠然としていたものが、『世直し』をしようと行動することにより、その疎外感は現実のものへと変わっていく。彼はムラから疎外された存在なのだ。目に見えない、だが重苦しいものが彼にまとわりついている。そこから逃れるために、明確ではない「敵」を求めて彷徨い続けるのである。この漠然とした空気は2011年以降、ねっとりと日本を覆っているように思えてならないのだ。この空気が『幼女X』に良く表されているように思う。

『幼女X』は2014年の2月にTPAMの正式招待作品としてKAATで上演された。そしてマレーシアでオリジナル版と現地の演劇人と新たに作り直した『Girl X』として上演された。その後タイでオリジナル版が上演される。その時観劇したタイのダンスカンパニー『Democrazy Theatre』は、山本卓卓と共にダンス版の『幼女X』を作成し、2015年の2月にTPAMの正式招待作品としてKAATで上演する。

ダンス版の『幼女X』は、ダンサーが演じる男1と男2は役を演じず、彼らのありのままを表現するようになっている。さらにオリジナルでは明確にすることのなかった「敵」らしきものを文字として登場させている。その文字が男1、男2の行動を縛るのである。そしてその文字の要求がエスカレートしていくことで、男1と男2は何もできなくなっていく。そして、最終的には要求を答えない男1と男2に文字は突きつける。

「死ねぇ!!!」

それはあたかもTwitterのつぶやきを連想させられる。ムラから別のムラという「敵」を攻撃しているように見えてくる。その行為は安易に行われているが、とても恐ろしいことをしていると提示しているのだ。それが普段行っていることに目を向けさせる。

「こんなことをしていたのか!」

そう多くの人の目が覚めればいい。ただそれだけで世の中は変わっていく…と期待したい。

※TPAM in Yokohama 2015

 

文字数:3880

課題提出者一覧