印刷

「人生を棒に振る」という言葉に乗せられて

2012年12月に中村勘三郎が亡くなった。突然の訃報だった。盟友の野田秀樹はその死を災害であると称した。死を悼む以上に今後の演劇はどうなってしまうのだろうという空気に覆われたのだ。彼は古典的な歌舞伎だけでなく、藤山直美との喜劇や串田和美とのコクーン歌舞伎でも活躍し、彼なくしては成り立たない程の存在感を放っていた。そして歌舞伎を色んな人に観てもらおうと、ニューヨークなどに劇場ごと持っていった平成中村座。勘三郎は何とも型破りなことをしていたのだ。そんな彼は生前この様なことを言っている。型がある人間が型を超えようとすることが型破りで、型がない人間が型を破ろうとすれば形なしだと。型を作ることがどれだけ重要なのかを説いていたのだ。それは大きく跳び上がるための土台と足腰の強さの大切さと言って良いだろう。勘九郎、七之助が評判を上げているのは、勘三郎のこの考えによって教え込まれた結果と言えるかもしれない。
2015年5月に扇田昭彦が亡くなった。突然の訃報だった。多くの劇評家はその死を災害と受け取った。死を悼む以上に今後の演劇はどうなってしまうのだろうという空気に覆われたのだ。彼は劇評を書くだけでなく、テレビで対談番組、演劇プロデュース、そして劇評講座の講師などを行っていた。
東京芸術劇場で行われた扇田昭彦を送る会には演出家、役者、劇評家、演劇愛好家など多くの人々が駆けつけた。麿赤兒、嵐山光三郎、四谷シモンが並んで状況劇場の頃、密着取材をしていた扇田のことを懐かしそうに語っていた。平田オリザ、三谷幸喜、ケラリーノ・サンドロビッチ、野田秀樹が扇田との思い出を楽しそうに語っていた。そのなかで、このような発言があったように思う。
「誰にどう思われても構わないが、扇田さんにはつまらないと思われたくなかった」
これは送る会に集まった演出家、役者の共通の想いだろう。彼らは扇田を通して観客を設定していたと言えるのだ。そして彼の書いたものが我々と繋がる。つまり扇田昭彦というハブによって演劇人と我々は繋がっていたのだ。
 この後は、最終課題で。
扇田さんの著書を頼りに扇田さんが語ってきた演劇というものを感じ取って、「人生を棒に振る」という扇田さんの言葉を考えてみようと思います。

文字数:931

課題提出者一覧