印刷

一〇年代の想像力へ向けて

2010年からもう5年が過ぎた。2000年代から2010年代に入り、日本の文化状況は大きく変化した。しかし、この変化を適切に捉えた批評はない。もちろん一〇年代の文化について語っている批評がないわけではない。例えばさやわかの『一〇年代文化論』(2014)は「残念」という言葉の意味がポジティブに変化したことに注目することで、一〇年代文化状況に一定の見通し与えてくれる。しかし結局のところ、若者の現状を追認するだけの機能しか果たしていない。
ゼロ年代始めには東浩紀の『動物化するポストモダン』(2001)、終わりには宇野常寛の『ゼロ年代の想像力』(2008)によって批評の基盤がつくられた。一〇年代の文化状況を語るにはまず、それらに代わる基盤を構築しなければならない。
この小論ではその基盤を構築するために必要な現状認識とそこから一歩踏み出すための想像力について考察を進める。

今、文化状況について語ろうとするとき、特定のコンテンツを代表させ全体を見通すことは難しい。そこでコンテンツについて語るのではなく、コンテンツが消費されている情報環境について見ることで、全体を見通すことができる。特にここ十年で目まぐるしい変化が起きたインターネット、特にソーシャルウェアを中心に見ていこう。その際、キーワードになるのは「時間」だ。
まず、メディアやコミュニケーションにおいて「時間」を見る場合、同期/非同期という区別になってくる。濱野智史は『アーキテクチャの生態系』(2008)において次のように述べている。

同期的なメディアというのは、そのメディアを通じてコミュニケーションを行っている人々が、(たとえ空間=場所は互いに離れていたとしても)同じ時間=現在を共有しているということを意味しています。これに対し、コミュニケーションの発信と受信の間に「時間差」が存在している場合は、非同期的ということになります。

インターネットは当初BBS、ブログ、SNSといった情報を発信する側と情報を受信する側との間に時間差がある非同期的なメディアが主流だった。その後出てきたYou Tube(2005)のような動画サイトも同様のメディアだった。この流れを大きく変えたのがUstream(2007)などの手軽にネット放送が行えるライブストリーミングサービスだ。それまでにも、同様のサービスとしてPeerCastなどがあったが、これは放送を配信する側はもちろん、見る側にもコンピュータやネットワークに対する一定の知識を必要とした。Ustreamはこの敷居を劇的に引き下げることによって誰もが自分の放送局を持つことを可能にしたのだ。これを契機にインターネット上では非同期的メディアから同期メディアをシフトしていくことになる。さらにこの状況に拍車をかけたのがスマートフォンである。いつでもどこでもインターネットにアクセスできることによって同期的コミュニケーションを飛躍的に推し進めることになった。

同期的コミュニケーションの浸透によって「いま・ここ」に縛られるようになった。そこから抜け出すには非同期的コミュニケーションが必要だがそれは難しい。 そこでヒントになるのがニコニコ動画である。ニコニコ動画は動画の再生画面上にコメントをつけるサービスだが、これは視聴者が同時にコメントをしているわけではないのに、あたかも動画を同時に見ている体験を得ることができるサービスなのだ。濱野の言葉を借りればこれは擬似同期的と表現することができる。当時、インターネット上における同期的コミュニケーションがコストが高かったため、あたかも同期的コミュニケーションを体験できるニコニコ動画は瞬く間にユーザーを獲得していった。しかしニコニコ生放送、ニコニコ動画におけるライブストリーミングサービスが浸透するにつれ、その優位性は失われてしまった。しかし「いま・ここ」に縛られてしまった現在の私たちにニコニコ動画的な擬似同期性は「いま・ここ」からズレる可能性を秘めている。なぜなら擬似同期は互いにコメントを打っている人が非同期的コミュニーケションを行っているということにある。

『ゼロ年代の想像力』における宇野の見通しは「正しかった」と言っていいだろ。決断主義、つまり今何を選択するのか、過去を見るのではなく、ただ目の前を問題のみに集中する、それが今の日本を支配している。そのような状況下で求められるのは、今ここには存在しないはずのものを現前させる力、つまり想像力をどう喚起するのか。それは私たちがニコニコ動画的な擬似同期のアーキテクチャーを設計できるか否かにかかっている。

 

——————————

参考文献
東浩紀『動物化するポストモダン』 2001.11 講談社
宇野常寛『ゼロ年代の想像力』2008.7 早川書房
濱野智史『アーキテクチャーの生態系』2008.8 NTT出版
さやわか『一〇年代文化論』2014.4 星海社

文字数:2036

課題提出者一覧