印刷

<再生>されるわれわれ

さまざまなる事情が重なって時間がない。

2000字以上にまとめられない。

アイデアだけを記す。

点数、断念。

 

A)映画的なもの:わたちたちが<観る>イメージ・メディア(sitillであろうと)

B)映画的でないもの:われわれが<視られる>イメージ・メディア

 

B、その極北は、監視カメラ。

 

Bは偏在する。

われわれは、つねに、視られている。

われわれは、原理的に、それを意識化することができない。

 

Bは、はじめて、映像的<記録>を可能にした。

ここで、<記録>とは、<記憶>の反対概念。

 

わたしたちは、Bを記憶することはできない。

それは単<記録>される。

されつづける。

記憶ではないBは、決して<想起>されることがない。

Bは、何がしかの事件が起こったときにのみ、<再生>される。

 

 

他方で、Aは、わたしたちに記憶される。

というより、Aは、わたしたちの記憶の中にしか存しない。

とすれば、Aは、決してなにものも<記録>することができない。

記憶映像(ドキュメンタリー映像)でさえも。

 

<再生>されたBを視る者はいる。

しかし、それは<人格>ではない。

 

時間切れ!

 

文字数:459

課題提出者一覧