【1】
マンガに限らず、創作では「好きなことを描く」「好きなものを描く」べきだというアドバイスがされることが多いです。

たぶん、好きなものについては、作者の気持ちも乗りやすいですから、読者にも熱量の伝わりやすい作品が作れる。だから勧められるのではないでしょうか。

【2】
しかし、いざ好きなことを描こうとすると、意外と難しいものです。

たとえば、自分が好きだからこそ、自分を満足させるだけの表現力(絵においても、説明においても)がないと、いつまでも作品のできばえに納得できなかったりします。

また、自己表現になれていないと、妙に引っ込み思案になってしまって、好きなことをストレートに表現できず、せっかくの思いが読者に伝わらなかったりもします。

【3】
それでも、がんばって自分の(時に、恥ずかしいかもしれない)気持ちを伝えることは大事です。先ほど書いたように、そういうもののほうが読者の心を打つからです。

だから、ぜひあなたの、性癖や趣味が「はっきりと出てしまっている」作品を、描くことに一度チャレンジしてみてください。

【4】
先ほど書いたように、自分の技量だと、作品全体として自分を満足させるものは描けない、という人もいると思います。だったら、作品のどの部分で自分の性癖や趣味を全力で出すかを考えて、作品のいいところでうまくこだわりを活かしましょう。

また、引っ込み思案になってしまう人。ここで怖じ気づいてしまうのはマイナスでしかありませんから、思い切ってやってみてください。

(テーマ設定:古屋兎丸、課題本文:さやわか)

課題提出者一覧