《仮設寺〜反復からの道〜》ステートメント

作品プラン

《仮設寺〜反復からの道〜》ステートメント

【何を実現したかったのか】

この閉塞した世の中で、自らを未来へ押し進める為の反復作業として、仮設住宅の絵を制作し続ける。それは決して救済の場所ではない。一見すると路上生活者の住まいの様だが。現代社会にとって、仏塔と仏堂に見立てられた一つ道である。

【課題でのポイント】

手と脳と眼を総動員して負荷をかける。制作することの最も根底を支えるフィジカルな力の端緒である。

【反復する負荷作業の内容】

フィジカルな力、正に制作の基礎となりうる重要な要素であろう!今回は、ひたすら負荷をかけてみる!無心で作る!カンバスを100枚作る事からはじめる。結果、108枚の木枠を組み立て、108枚のシートを裁断し、108枚の木枠にシートを張込み、108枚のカンバスにペイント。そして、それらを構築しモニュメント化した。

 

 

12_秋山佑太_仮設寺〜反復からの道〜

12_秋山佑太_仮設寺〜反復からの道〜2

文字数:347

課題提出者一覧