《国立美術館移転計画》

作品プラン

《国立美術館移転計画》

高度経済成長期以降、国土の拡大・改造に向け、土木を結集し、斜面を切り、河川を埋め立て、都市を造成し続けてきた。

その過程で不可視となった自然は、災害により呼び起こされ、都市に牙を剥く。

人口的な自然改造である河川の暗渠化や斜面の切土等、土木による造成は、郊外と都市の境界を曖昧にし、過去の自然に対する警鐘が失われ、都市機能としては合理的だが、自然を伴侶とする場合においては不合理が生じてきた。

しかし、それでもなお災害に立ち向かう土木はある。造成の地にある国立美術館の移転を試みる。

 

 

05_%e4%bc%8a%e8%97%a4%e5%85%81%e5%bd%a6_%e5%9b%bd%e7%ab%8b%e7%be%8e%e8%a1%93%e9%a4%a8%e7%a7%bb%e8%bb%a2%e8%a8%88%e7%94%bb

 

文字数:241

課題提出者一覧