無能化構造

作品プラン

無能化構造

ある悲劇的なショックと言うものはいつまでも記憶に刻まれ、寄生し、
精神的に疲れが見えた時にはここぞとばかりに追い打ちをかけるが如く、
悲劇的なショックを与えた原因となる過去のヴィジョンを反復し鬱へと追い込んでいく悪魔となる。
私はいつもこの悪魔を払えずにネガティブを餌にして飼ってしまっている。

そのおかげで私の精神はいつまでも悲劇的ショックを受けた時間から動かず凍結状態となっている。

それにより私は体自体は日々時間を追うごとに細胞の挙動により変化しつつあるが、
精神に関しては止まったままトラウマの呪縛から逃れることができず、
人生の無限な可能性を最小限に絞ってしまいあらかじめ作られた精神凍結者用の人生を歩んでしまう。

この人生を歩めば歩むほど人生の無限な可能性を犠牲に無限な精神的苦しみの反復地獄を受け続ける図こそが、
私を無能化とする構造であり、私を表すアイコンになるだろう。

 

 

23_%e5%90%89%e7%94%b0%e7%84%a1%e8%83%bd_%e7%84%a1%e8%83%bd%e5%8c%96%e6%a7%8b%e9%80%a0

文字数:386

課題提出者一覧