文化の中のユリ

作品プラン

文化の中のユリ

東洋

東洋ではユリは食用や薬用に使用される。花の観賞は、日本では前近代にまでさかのぼる奈良率川(いさかわ)神社三枝祭(さいくさのまつり)などの例外もあるが、明治30年代頃からである。幕末にフィリップ・フランツ・フォン・シーボルトが日本のユリの球根を持ち帰り、復活祭に用いられるイースター・リリーとして大流行すると、球根は近代日本のに次ぐ二番目の主要輸出品として外貨を獲得した。なお持ち帰られたのは琉球列島原産のテッポウユリであり、これが現在のイースターの象徴として定着していった。そしていわば逆輸入されるかたちで明治末に鑑賞花として流行した[2]。ただし、テッポウユリに関しては、現在主流となっている品種「ひのもと」[3]は、時代を下り、1944年に屋久島から福岡県に持ち帰られた球根の後裔が、1962年に種苗名称登録に出願されものである。[4] 輸出用の栽培は、原産地の沖縄以外にも、主に富士山麓から神奈川にかけて広く行われた。
美女の形容として「立てば芍薬、坐れば牡丹、歩く姿は百合の花」がある。

 

西洋

ユリは聖書にしばしば登場する花のひとつである。新約聖書マタイによる福音書」には「ソロモンの栄華もユリに如かず」とあるが、これは、人間の作り上げたものは神の創造物(自然)には及ばないことの比喩である。ただし、新約聖書時代のイスラエルでは、ユリは一般的な花ではなく、この場合のユリは野の花一般のことだと考えられている。
キリスト教においては白いユリ(マドンナリリー)の花が純潔の象徴として用いられ、聖母マリアの象徴として描かれる。天使ガブリエルはしばしばユリの花をたずさえて描かれる。これはガブリエルがマリアに受胎告知を行った天使であることを示す図像学上のしるしである。
ミノア文明の遺跡のひとつであるクノッソス宮殿の壁画にはユリが描かれている。 フルール・ド・リス(Fleur-de-lis)と呼ばれる歴代のフランス国王の紋章は意匠化されたユリの花(アイリスの花という説もある)であり、地にで描かれる。フルール・ド・リスはまたフランス王位継承権を要求していた頃のイングランド国王の紋章にも登場する。また、ボスニア・ヘルツェゴビナでは1998年までの国旗と、現在のボスニア・ヘルツェゴビナ連邦国旗国章にはボシュニャク人のシンボルとしてフルール・ド・リスがあしらわれる。

 

Wikipedia 「文化の中のユリ」
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A6%E3%83%AA
(2016年11月10日アクセス)

文字数:1074

課題提出者一覧