青臭さの極み

作品プラン

青臭さの極み

この1年、完璧主義で面倒な自分が嫌で打破したかった。

 

どう描こうと「こうありたい自分」と「嫌いな自分」との狭間にいるので、エンブレムは素直にできない。

結果として、自分の顔の輪郭をしたエンブレムを削ぐことにした。

 

納得いかなくてエンブレムを壊すなど、失敗を怖がる完璧主義が現れてしまうが、それもまた現在の私の要素である。

まだまだ私は青臭い。

 

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

文字数:171

課題提出者一覧