私は、おそらく皆さんの目指す方向とは異なる、“慌ただしい”物書きです。朝、新聞を広げて「それはないだろう」と苛立ったことを昼間に書き、夕方に公開されることすらあります。でもそれは、何がしかの対象を批評する姿勢として、まったく自然で開放的なことだと私自身は思っています。

今、目の前にある「状況」を捕まえる。捕まえて、私はこう思うと書く。眼前に広がる苛立ちや違和感の対象を突き詰める。ジャンルを問わずに、それを繰り返してきました。じっくり構えて機が熟すのを待っているうちにすっかり機が腐ってしまい、ごく近しい人たちだけが「なるほど、その手もあったか」と頷き合う批評は、不自然で閉鎖的だと感じてきました。

この講座でどういった授業が行われてきたかを熟知しているわけではないのですが、課題に取り組む際に、おそらく皆さんは、その講師が培ってきた・示してきた見識がどういうものであったのか、おさらいしてみたはず。今回ばかりは、そういう取り組みを一切排してもらい、皆さんの、今、目の前にある(それこそ、課題文を書く「その日」の朝に感じた)苛立ちを批評してほしいのです。

題材は何だって構いません。政治でも経済でも、生物学でも電気工学でも、本でも映画でも音楽でも。首相の浮ついた演説についてでも、首相の浮ついていない演説についてでも。週刊誌の下世話な見出しでも、友人の曖昧な態度でも、到着が2分遅れたことを駅員に詰め寄るサラリーマンでも。地元のスーパーで「1人1パック限定・産みたて卵・¥168」を、あろうことか2パック買おうとする誰かへの苛立ちが「民主主義の現在」に繋がっていくような「飛躍」については、各自にお任せします。

制約はひとつ。既存の文献や重層的な知識を足がかりに論を練り上げるのではなく、今、目の前にある苛立ちを足がかりに批評してください。行き着く先はどこでも構いません。当然、どこかに行き着かなくても構いません。

課題提出者一覧